11.8.2. 階層化されたボリュームの縮小

警告
階層化は、Red Hat Gluster Storage 3.5 では非推奨です。Red Hat ではこの使用を推奨しておらず、Red Hat Gluster Storage 3.5.3 にアップグレードする新規デプロイメントおよび既存デプロイメントでは階層化をサポートしません。
信頼できるストレージプールがオンラインになり、利用可能な場合に、階層化されたボリュームを縮小できます。たとえば、ハードウェアやネットワークの障害により、アクセスできなくなるブリックを削除する必要がある場合があります。

11.8.2.1. コールド階層ボリュームの縮小

  1. 「ボリュームから階層の割り当て解除 (非推奨)」 の手順に従って階層をデタッチします。
  2. 以下のコマンドを使用してブリックを削除します。
    # gluster volume remove-brick VOLNAME BRICK start
    以下は例になります。
    # gluster volume remove-brick test-volume server2:/rhgs/brick2 start
    Remove Brick start successful
    注記
    remove-brick コマンドが force で実行されるか、またはオプションなしで実行すると、ブリックのデータは glusterFS マウントポイントからアクセスできなくなります。start オプションを使用すると、データは他のブリックに移行され、コミットに成功すると、削除されたブリック情報がボリューム設定から削除されます。データには依然としてブリックから直接アクセスできます。
  3. 以下のコマンドを使用して、削除ブリック操作のステータスを表示することができます。
    # gluster volume remove-brick VOLNAME BRICK ステータス
    以下は例になります。
    # gluster volume remove-brick test-volume server2:/rhgs/brick2 status
          Node    Rebalanced-files          size       scanned      failures         status
     ---------         -----------   -----------   -----------   -----------   ------------
     localhost                  16      16777216            52             0    in progress
    192.168.1.1                 13      16723211            47             0    in progress
  4. 以前の status コマンドで表示されるデータ移行が完了したら、以下のコマンドを実行してブリック削除をコミットします。
    # gluster volume remove-brick VOLNAME BRICK コミット
    以下に例を示します。
    # gluster volume remove-brick test-volume server2:/rhgs/brick2 commit
  5. attach- tier コマンドは、必要なブリックのセットでのみ再実行します。
    # gluster volume tier VOLNAME attach [replica COUNT] BRICK...
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume attach replica 3 server1:/rhgs/tier1 server2:/rhgs/tier2 server1:/rhgs/tier3 server2:/rhgs/tier4
    重要
    レイヤーをアタッチすると、fix-layout という内部プロセスは内部的に開始し、使用するホット層を準備します。このプロセスに時間がかかり、階層アクティビティーを開始するのに遅延が生じます。