10.6.3. 新規ボリュームの Geo レプリケーションの起動

プライマリークラスターに追加された新規ボリュームとセカンダリークラスターに追加された新規ボリュームとの間で geo レプリケーションセッションを作成して開始するには、以下の手順を実行する必要があります。

前提条件

  • プライマリーボリュームノードとセカンダリーボリュームノード間でパスワードアクセスがなくても、キーベースの SSH 認証が必要です。
  1. 以下のコマンドを使用して geo レプリケーションセッションを作成します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL create
    以下に例を示します。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol create
    注記
    このコマンドは、有効なセカンダリー URL の確認、有効なセカンダリーボリューム、およびセカンダリーで利用可能な領域の確認など、セカンダリーの検証を実行します。
  2. geo レプリケーションのメタボリュームを設定します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL config use_meta_volume true
    以下は例になります。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config use_meta_volume true
    meta-volume の設定に関する詳細は、「メタボリュームの設定」 を参照してください。
  3. 以下のコマンドを使用して、セカンダリーとプライマリー間の geo レプリケーションセッションを開始します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL start
  4. 以下のコマンドを使用して、作成したセッションのステータスを確認します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL status