10.3.4. 環境の設定

以下の方法で、geo レプリケーションセッションの環境を設定できます。

10.3.4.1. Geo レプリケーションセッションの環境の設定

Geo レプリケーションセッションの作成

  1. 一般的な pem pub ファイルを作成し、キーベースの SSH 認証接続が設定されているプライマリーノードで以下のコマンドを実行します。
    # gluster system:: execute gsec_create
    または、鍵ベースの SSH 認証接続が設定されたマスターノードで以下のコマンドを実行して pem pub ファイルを作成できます。この代替コマンドは、すべてのマスターノードで Geo-rep セッション固有の ssh-keys を生成し、全ピアノードから公開鍵を収集します。また、コマンドのステータスの詳細なビューも提供します。
    # gluster-georep-sshkey generate
    
    +--------------+-------------+---------------+
    |     NODE     | NODE STATUS | KEYGEN STATUS |
    +--------------+-------------+---------------+
    |     node1    |          UP |            OK |
    |     node2    |          UP |            OK |
    |     node3    |          UP |            OK |
    |     node4    |          UP |            OK |
    |     node5    |          UP |            OK |
    |  localhost   |          UP |            OK |
    +--------------+-------------+---------------+
    
  2. 以下のコマンドを使用して geo レプリケーションセッションを作成します。スレーブノードで必要な pem-file 設定を実行するには、push-pem オプションが必要です。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL create push-pem [force]
    以下は例になります。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol create push-pem
    注記
    • このコマンドを実行するノードと、上記コマンドで指定されたセカンダリーホストの間に、キーベースの SSH 認証アクセスが必要です。このコマンドは、有効なセカンダリー URL の確認、有効なセカンダリーボリューム、およびセカンダリーで利用可能な領域の確認など、セカンダリーの検証を実行します。検証に失敗した場合は、force オプションを使用して、失敗した検証を無視し、ジオレプリケーションセッションを作成できます。
    • セカンダリーボリュームはデフォルトで読み取り専用モードになっています。ただし、フェイルオーバーの状況が発生した場合は、セッションが元のセカンダリーから元のプライマリーに送信されるため、元のプライマリーはデフォルトで読み取り専用になります。
  3. プライマリーボリュームおよびセカンダリーボリュームに対して共有ストレージを有効にします。
    # gluster volume set all cluster.enable-shared-storage enable
    共有ストレージについての詳細は、「共有ストレージボリュームの設定」 を参照してください。
  4. geo レプリケーションのメタボリュームを設定します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL config use_meta_volume true
    以下は例になります。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config use_meta_volume true
    meta-volume の設定に関する詳細は、「メタボリュームの設定」 を参照してください。
  5. プライマリーノードで以下のコマンドを実行し、geo レプリケーションを起動します。
    以下に例を示します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL start [force]
  6. 以下のコマンドを実行して、作成されたセッションのステータスを確認します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL status