5.7.2. 判別ロジック

判別ボリュームでは、ファイル操作が許可されているかは、ボリューム内のブリックの現在の状態によります。以下の表は、考えられるすべてのボリュームの状態での判別動作を示しています。

表5.2 現在のボリュームの状態に許可される操作

ボリュームの状態判別動作
すべてのブリックが利用可能ですすべてのファイル操作は許可されました。
arbiter および 1 データブリックが利用可能
arbiter が利用可能なデータノードに同意しない場合は、ENOTCONN で書き込み操作は失敗します (正しいブリックは利用できません)。他のファイル操作が許可されます。
arbiter のメタデータが利用可能なデータノードと合意している場合、すべてのファイル操作が許可されます。
Arbiter ダウン、データブリックが利用可能ですファイル操作がすべて許可されます。Arbiter の記録が利用可能になると修復されます。
利用可能なのは 1 つのブリックだけです。
すべてのファイル操作は ENOTCONN で失敗します。