6.3.3.2.2. NFS-Ganesha を実行するための前提条件

お使いの環境で NFS-Ganesha を実行する前に、以下の前提条件を考慮してください。
  • エクスポートには Red Hat Gluster Storage ボリュームと NFS-Ganesha rpms がインストールされている必要があります。
  • フェンシングエージェントが設定されていることを確認します。フェンシングエージェントの設定に関する詳細は、以下のドキュメントを参照してください。
    注記
    高可用性で NFS Ganesha のインストール/設定に必要なノードの最小数は 3 で、サポートされるノードの最大数は 8 です。
  • 指定のマシン/ホスト上で NFS-Ganesha、gluster-NFS、または kernel-NFS サーバーのうち 1 台のみを有効にすることができます。これは、すべての NFS 実装がポート 2049 を使用し、特定の時点でアクティブにすることができるためです。したがって、NFS-Ganesha を起動する前に kernel-NFS を無効にする必要があります。
    以下のコマンドを使用して kernel-nfs を無効にします。

    Red Hat Enterprise Linux 7 の場合

    # systemctl stop nfs-server
    # systemctl disable nfs-server
    kernel-nfs が無効かどうかを確認するには、以下のコマンドを実行します。
    # systemctl status nfs-server
    サービスが停止状態になっているはずです。
    注記
    Gluster NFS は、NFS-Ganesha が有効になると自動的に停止します。
    nfs.disable の変数が 'off' に設定されているボリュームがない。
  • 「『Port/Firewall Information for NFS-Ganesha』」に記載のとおりポートを設定するようにしてください。
  • お使いの環境に応じて ganesha-ha.conf ファイルを編集します。
  • ganesha.conf ファイルに設定されている各サーバーについて、ネットワーク上の仮想 IP を確保します。これらの IP がホストの静的 IP とは異なること、信頼できるストレージプールまたはサブネット内の他の場所には使用されていないことを確認します。
  • クラスターのすべてのノードが DNS 解決可能であることを確認します。たとえば、/etc/hosts には、クラスター内のすべてのノードの詳細を入力できます。
  • SELinux が Enforcing モードにあることを確認します。
  • 以下のコマンドを使用して、すべてのマシンでネットワークサービスを起動します。
    Red Hat Enterprise Linux 7 の場合
    # systemctl start network
  • 以下のコマンドを実行して gluster 共有ボリュームを作成し、マウントします。
    # gluster volume set all cluster.enable-shared-storage enable
    volume set: success
    
    詳細はを参照してください。 「共有ストレージボリュームの設定」
  • /var/run/gluster/shared_storageの下に、nfs-ganesha という名前のディレクトリーを作成します。
    注記
    3.5 Batch Update 3 のリリースにより、共有ストレージのマウントポイントが /var/run/gluster/ から /run/gluster/ に変更されました。
  • ganesha.conf ファイルおよび ganesha-ha.conf ファイルを /etc/ganesha から /var/run/gluster/shared_storage/nfs-ganesha にコピーします。
  • 以下のコマンドを使用して、glusterfssharedstorage.service サービスを有効にします。
    systemctl enable glusterfssharedstorage.service
  • 以下のコマンドを使用して、nfs-ganesha サービスを有効にします。
    systemctl enable nfs-ganesha