5.6. 分散複製ボリュームの作成

ストレージのスケーリングに必要な環境で分散レプリケートされたボリュームを使用し、信頼性が高くなっています。また、分散レプリケートされたボリュームは、ほとんどの環境で読み取りパフォーマンスも向上します。
注記
ブリックの数は、分散レプリケートされたボリュームのレプリカ数の倍数である必要があります。また、ブリックが指定されている順序は、データ保護に大きく影響します。付与される一覧の各 replica_count はレプリカセットを形成し、すべてのレプリカセットを分散セットに統合します。レプリカセットメンバーが同じノードに配置されていないことを確認するには、全サーバーで最初のブリックを一覧表示し、次に全サーバーに 2 番目のブリックが同じ順序で 2 番目のブリックを表示するなどを行います。

前提条件

5.6.1. 3 方向の分散複製ボリュームの作成

3 方向の複製分散ボリュームは、ボリューム内の複数のブリックに 3 つのファイルのコピーを配布し、作成します。ブリックの数は、複製されたボリュームのレプリカ数と同じである必要があります。サーバーおよびディスクの障害から保護するには、ボリュームのブリックを異なるサーバーから保護することを推奨します。
同時発生の 3 方向の分散レプリケーションが Red Hat Gluster Storage で完全にサポートされるようになりました。3 方向の分散複製ボリュームは JBOD を使用することが推奨されます。ただし、3 方向の分散複製ボリュームでのハードウェア RAID の使用もサポートされます。

図5.3 3 方向の分散複製ボリューム (3 方向の分散レプリケート) の図

3 方向の分散複製ボリューム (3 方向の分散レプリケート) の図
3 方向の分散複製ボリュームの作成
  1. gluster volume create コマンドを実行して、分散した複製ボリュームを作成します。
    構文は # gluster volume create NEW-VOLNAME [replica COUNT] [transport tcp | rdma(Deprecated)| tcp,rdma] NEW-BRICK です。
    transport のデフォルト値は tcp です。auth. allow や auth. reject などの他のオプションを渡すことができます。パラメーターの全一覧は、「ボリュームオプションの設定」 を参照してください。

    例5.5 3 方向のレプリケーションのある 6 つのノード分散複製ボリューム

    ブリックを指定する順番により、ブリックが互いに複製される方法が決まります。たとえば、最初の 3 ブリック。この 3 はレプリカ count で、複製セットを形成します。
    # gluster v create glustervol replica 3 transport tcp server1:/rhgs/brick1 server2:/rhgs/brick1 server3:/rhgs/brick1 server4:/rhgs/brick1 server5:/rhgs/brick1 server6:/rhgs/brick1
    volume create: glutervol: success: please start the volume to access data
  2. # gluster volume start VOLNAME を実行してボリュームを起動します。
    # gluster v start glustervol
    volume start: glustervol: success
  3. Gluster ボリューム情報 コマンドを実行して、必要に応じてボリューム情報を表示します。
重要
デフォルトでは、クライアント側のクォーラムは 3 方向の分散複製ボリュームで有効になります。スプリットブレインのシナリオを防ぐために、分散複製ボリュームでサーバー側のクォーラムを設定する必要もあります。クォーラムの設定に関する詳細は、「スプリットブレインの防止」 を参照してください。