10.12.6. 中間プライマリーが障害状態になる

状況

関心のある環境では、中間プライマリーは傷害状態であり、以下のようなメッセージがログにあります。

raise RuntimeError ("aborting on uuid change from %s to %s" % \ RuntimeError: aborting on uuid change from af07e07c-427f-4586-ab9f- 4bf7d299be81 to de6b5040-8f4e-4575-8831-c4f55bd41154

解決策

カスケード設定では、中間プライマリーは元のプライマリープライマリーに忠実です。上記のログメッセージは、geo レプリケーションモジュールがプライマリープライマリーが変更されたことを検知したことを示します。この変更が有効になっていた場合は、中間マスターから開始されたセッションの volume-id 設定オプションを削除します。