6.3. NFS

Red Hat Gluster Storage には、Gluster NFS と NFS-Ganesha の 2 つの NFS サーバー実装があります。Gluster NFS は NFSv3 プロトコルのみをサポートしますが、NFS-Ganesha は NFSv3 プロトコルおよび NFSv4 プロトコルに対応します。

6.3.1. サポートマトリックス

以下の表には、Red Hat Gluster Storage 3.1 以降の NFS サポートの機能マトリクスが含まれます。

表6.5 NFS サポートマトリックス

機能 glusterFS NFS (NFSv3) NFS-Ganesha (NFSv3) NFS-Ganesha (NFSv4)
Root-squash Yes はい Yes
All-squash Noはい Yes
サブディレクトリーのエクスポートYes はい Yes
ロックYes はい Yes
クライアントベースのエクスポートパーミッションYes はい Yes
NetgroupsYesはいYes
マウントプロトコルUDP、TCPUDP、TCPTCP のみ
NFS トランスポートプロトコルTCPUDP、TCPTCP
AUTH_UNIXYesはいYes
AUTH_NONEYesはいYes
AUTH_KRBNoはいYes
ACLYesいいえYes
委譲該当なし該当なしNo
高可用性Yes (特定の制限付き。詳細は、Setting up CTDB for NFSを参照してくださいYesYes
マルチヘッドYesはいYes
Gluster RDMA ボリュームYesサポート対象外サポート対象外
DRCサポート対象外YesYes
動的エクスポートNoはいYes
pseudofs該当なし該当なしYes
NFSv4.1該当なし該当なしYes
注記
  • Red Hat では、kernel-NFS や Gluster NFS サーバーなど、他の NFS サーバーと NFS-Ganesha を実行することは推奨していません。
  • 指定のマシン/ホスト上で NFS-Ganesha、gluster-NFS、または kernel-NFS サーバーのうち 1 台のみを有効にすることができます。これは、すべての NFS 実装がポート 2049 を使用し、特定の時点でアクティブにすることができるためです。したがって、NFS-Ganesha を起動する前に kernel-NFS を無効にする必要があります。