5.5. 複製ボリュームの作成

複製ボリュームは、ボリューム内の複数のブリック間でファイルのコピーを作成します。高可用性および信頼性が高い環境で複製されたボリュームを使用します。
gluster volume create を使用して異なる種別のボリュームを作成し、gluster volume info を使用してボリュームが正常に作成されていることを確認します。

前提条件

警告
Red Hat は、Arbiter ブリックのない双方向レプリケーションとして、Red Hat Gluster Storage 3.4 で非推奨となったため、第 2 のレプリカを使用しない 2 方向レプリケーションの使用を推奨しません。この変更は、arbiter ブリックを使用しない複製されたボリュームと分散レプリカボリュームの両方に影響します。
arbiter ブリックのない双方向レプリケーションは、スプリットブレイン条件から十分な保護を提供しないため非推奨になりました。分散レプリケーションの設定でも、双方向レプリケーションでは、結合するノードを使用せずに競合するファイルの正しいコピーが選択されていることを確認できません。
ダミーノードは、この問題のソリューションとして使用できますが、Red Hat では、現在 arbiter ブリックなしで 2 方向のレプリケーションを使用するすべてのボリュームを、Arbitrated レプリケーションまたは 3 方向レプリケーションのいずれかを使用するように移行することが推奨されます。
arbiter ブリックなしで双方向の複製されたボリュームをarbitrated レプリケートされたボリュームに移行する手順は、『5.7.5.判別ボリュームへの変換』を参照してください。3 方向のレプリケーションに関する情報は、「3 方向の複製ボリュームの作成」 および 「3 方向の分散複製ボリュームの作成」 で参照できます。

5.5.1. 3 方向の複製ボリュームの作成

3 方向の複製ボリュームは、ボリューム内の複数のブリックに 3 つのファイルのコピーを作成します。ブリックの数は、複製されたボリュームのレプリカ数と同じである必要があります。サーバーおよびディスクの障害から保護するには、ボリュームのブリックを異なるサーバーから保護することを推奨します。
同期の 3 方向のレプリケーションが Red Hat Gluster Storage で完全にサポートされるようになりました。3 方向の複製されたボリュームは JBOD を使用することを推奨しますが、3 方向の複製ボリュームでハードウェア RAID を使用することもサポートされます。

図5.2 3 方向の複製ボリュームの図

3 方向の複製ボリュームの図
3 方向の複製ボリュームの作成
  1. gluster volume create コマンドを実行して、複製されたボリュームを作成します。
    構文は、# gluster volume create NEW-VOLNAME [replica COUNT] [transport tcp | rdma (Deprecated) | tcp,rdma] NEW-BRICK... です。
    transport のデフォルト値は tcp です。auth.allowauth.reject などの他のオプションを渡すことができます。パラメーターの全一覧は、「ボリュームオプションの設定」 を参照してください。

    例5.3 3 つのストレージサーバーのある複製ボリューム

    ブリックを指定する順番により、ブリックが互いに複製される方法が決まります。たとえば、すべての n ブリック。ここで、3 はレプリカ数になります。ここで、レプリカセットが作成されます。これは、図5.2「3 方向の複製ボリュームの図」 で説明されています。
    # gluster v create glutervol data replica 3 transport tcp server1:/rhgs/brick1 server2:/rhgs/brick2 server3:/rhgs/brick3
    volume create: glutervol: success: please start the volume to access
  2. # gluster volume start VOLNAME を実行してボリュームを起動します。
    # gluster v start glustervol
    volume start: glustervol: success
  3. gluster volume info コマンドを実行して、必要に応じてボリューム情報を表示します。
重要
デフォルトでは、スプリットブレインのシナリオを最小限に抑えるために、クライアント側のクォーラムは 3 方向の複製ボリュームで有効にされます。クライアント側のクォーラムに関する詳細は、「クライアント側クォーラムの設定」 を参照してください。