10.4.4. Geo レプリケーションセッションの設定

geo レプリケーションセッションを設定するには、次のコマンドを使用します。
# gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL config [Name] [Value]
以下は例になります。
# gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config sync_method rsync
たとえば、すべてのオプションと値のペアの一覧を表示するには、次のコマンドを実行します。
# gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config
Geo-replication 設定オプションの設定を削除するには、オプションの前に ! (感嘆符)を付けます。たとえば、log-level をデフォルト値にリセットするには、次のコマンドを実行します。
# gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config '!log-level'
警告
クラスターのすべてのピアが Connected (online) 状態にある場合は、この設定変更を実行する必要があります。ピアがダウンした時に設定を変更すると、geo レプリケーションクラスターはノードがオンラインに戻ると一貫性のない状態になります。

設定可能な引数

以下の表は、geo レプリケーション設定の設定可能なオプションの概要を示しています。

オプション 説明
gluster_log_file LOGFILE geo レプリケーション glusterfs ログファイルへのパス。
gluster_log_level LOGFILELEVEL glusterfs プロセスのログレベル。
log_file LOGFILE geo レプリケーションログファイルへのパス。
log_level LOGFILELEVEL geo レプリケーションのログレベル。
changelog_log_level LOGFILELEVEL changelog のログレベル。デフォルトのログレベルは INFO に設定されます。
changelog_batch_size SIZEINBYTES バッチの changelog の合計サイズ。デフォルトのサイズは 727040 バイトです。
ssh_command COMMAND リモートマシンに接続するための SSH コマンド (デフォルトは SSH)。
sync_method NAME ファイルの同期方法の設定に使用するコマンド。利用可能なオプションは rsync または tarssh です。デフォルトは rsync です。tarssh では、セキュアシェルプロトコル上の tar を許可します。tarssh オプションを使用して、編集されていないファイルのワークロードを処理します。
注記
RHEL 8.3 以降では、sync_method を_tarssh_ として設定する前に、_tar_ パッケージをインストールするようにしてください。
# yum install tar
volume_id=UID 中間/セカンダリーノードの既存のプライマリー UID を削除するコマンド。
SECONDS のタイムアウト タイムアウト時間 (秒単位)。
sync_jobs N
sync-jobs の数は、各ワーカー内の同期スレッドの最大数 (同期のために ssh プロセス上の rsync プロセスまたは tar) を表します。ワーカーの数は、常にプライマリーボリューム内のブリックの数と等しくなります。たとえば、sync-jobs が 3 に設定された分散複製 (3 x 2) のボリュームは、全ノード/サーバーで合計 9 つの同期ジョブ (スレッド) になります。
Active および Passive Workers: アクティブなワーカーの数は、ボリューム設定に基づいています。分散ボリュームの場合、すべてのブリック (ワーカー) がアクティブになり、同期に参加します。ボリュームを複製または分散する場合、各複製/通知グループ (サブボリューム) の 1 つのワーカーがアクティブになり、同期に参加します。これにより、他のブリックからの競合を避けることができます。各複製/検出グループ (サブボリューム) の残りのワーカーはパッシブになります。アクティブなワーカーがダウンすると、同じ複製/検出されたグループからのパッシブワーカーの 1 つがアクティブなワーカーになります。
ignore_deletes このオプションを true に設定すると、マスターで削除されたファイルはスレーブで削除操作をトリガーしません。その結果、セカンダリーはプライマリーのスーパーセットとして保持され、クラッシュや誤って削除された場合にプライマリーを復元するために使用できます。このオプションが falseignore-deletes のデフォルト設定オプション)に設定すると、マスターで削除されたファイルはスレーブで削除操作をトリガーします。
checkpoint [LABEL|now] 指定のオプション LABEL でチェックポイントを設定します。このオプションが now に設定されていると、現在の時刻がラベルとして使用されます。
sync_acls [true | false]Acl を Slave クラスターと同期します。デフォルトでは、このオプションが有効になっています。
注記
geo レプリケーションは、rsync と同期エンジンとしてのみ同期でき、tarssh では同期エンジンとしては使用できません。
sync_xattrs [true | false]拡張属性を Slave クラスターと同期します。デフォルトでは、このオプションが有効になっています。
注記
geo レプリケーションは、拡張属性を同期エンジンとして rsync にのみ同期でき、tarssh に同期エンジンとしては使用できません。
log_rsync_performance [true | false]このオプションが enable に設定されている場合、geo レプリケーションはログファイルで rsync のパフォーマンスの記録を開始します。デフォルトでは、このオプションは無効となっています。
rsync_optionsrsync の追加オプション。たとえば、rsync 帯域幅の使用量 "--bwlimit=<value>" を制限することができます。
use_meta_volume [true | false]Geo レプリケーションでメタボリュームを使用するには、このオプション を有効にします。デフォルトでは、このオプションは無効となっています。
注記
meta-volume の詳細は、「メタボリュームの設定」 を参照してください。
meta_volume_mnt PATHメタボリュームマウントポイントのパス。
gfid_conflict_resolution [true | false] 自動 GFID 競合解決機能により、プライマリーとセカンダリー間で GFID の競合を自動的に検出および修正できます。この設定オプションを使用すると、この機能を有効または無効にすることができます。デフォルトでは、このオプションは true です。
special_sync_mode
セカンダリーからのデータの復旧をスピードアップします。geo レプリケーションに機能を追加して、インデックスオプションを有効にする前に作成したファイルを無視します。
フェイルオーバーまたはフェイルバックメカニズムの調整パラメーター:
なし: gsyncd は通常どおりに動作します。
blind: gsyncd は xtime ペアと連携して、同期候補を特定します。
wrapup: 通常モードと同じですが、xtimes を孤立したファイルに割り当てません。
recover: ファイルは、スレーブで変更された場合にのみ転送されます。
注記
セカンダリー内のファイル数がプライマリーと同じであることを確認した後には、このモードを使用します。geo レプリケーションは、セカンダリーボリュームをプライマリーボリュームとして作成した後に作成されたファイルのみを同期します。

10.4.4.1. Geo-replication Checkpoints

10.4.4.1.1. Geo-replication Checkpoints について
Geo レプリケーションデータ同期は非同期プロセスであるため、プライマリーに加えられた変更はセカンダリーにレプリケートするのに時間がかかる場合があります。セカンダリーへのデータのレプリケーションは、このようなネットワーク障害などのさまざまな問題によって中断される可能性があります。
Red Hat Gluster Storage は、geo レプリケーションチェックポイントを設定する機能を提供します。チェックポイントを設定することで、その時点でプライマリー上にあるデータがセカンダリーに複製されているかどうかを同期情報が利用できます。
10.4.4.1.2. Geo-replication Checkpoint 情報の設定と表示
  • geo レプリケーションセッションでチェックポイントを設定するには、以下のコマンドを使用します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL 設定チェックポイント [now|LABEL]
    たとえば、Volume1storage.backup.com:/data/remote_dir 間のチェックポイントを設定するには、次のコマンドを実行します。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config checkpoint now
    geo-replication config updated successfully
    チェックポイントのラベルは、now を指定して現在の時間として設定するか以下のように特定のラベルを指定できます。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config checkpoint NEW_ACCOUNTS_CREATED
    geo-replication config updated successfully.
  • geo レプリケーションセッションのチェックポイントの状態を表示するには、以下のコマンドを使用します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL ステータスの詳細
  • geo レプリケーションセッションのチェックポイントを削除するには、以下のコマンドを使用します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL config '!checkpoint'
    たとえば、Volume1storage.backup.com::slave-vol 間のチェックポイントセットを削除するには、次のコマンドを実行します。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config '!checkpoint'
    geo-replication config updated successfully