6.5.4. マウントされたボリュームでの ACL 有効化の確認

以下の表は、ボリュームがマウントされているクライアントのタイプに基づいて、マウントしたボリュームで ACL が有効になっていることを確認する方法を示しています。

表6.10

クライアントタイプ確認方法詳細情報
ネイティブ FUSE
default_permissions オプションについて、mount コマンドの出力を確認します。
# mount | grep mountpoint
マウントされたボリュームの出力に default_permissions が表示されると、そのボリュームでは ACL が有効になりません。
ps aux コマンドの出力で、gluster FUSE マウントプロセス (glusterfs) を確認します。
# ps aux | grep gluster
root     30548  0.0  0.7 548408 13868 ?        Ssl  12:39   0:00 /usr/local/sbin/glusterfs --acl --volfile-server=127.0.0.2 --volfile-id=testvol /mnt/fuse_mnt
マウントされたボリュームの出力に --acl が表示されると、そのボリュームで ACL が有効になります。
詳細は、「ネイティブクライアント」 を参照してください。
Gluster ネイティブ NFS
サーバー側で、gluster volume info volname コマンドの出力を確認します。nfs.acl が出力に表示されると、そのボリュームで ACL が無効になっています。nfs.acl が表示されない場合は、ACL が有効になります (デフォルトの状態)。
クライアント側で、ボリュームの mount コマンドの出力を確認します。出力に noacl が表示されると、マウントポイントで ACL が無効になります。出力に何も表示されない場合は、クライアントはサーバーが ACL を使用していることを確認し、サーバーサポートが有効な場合に ACL を使用します。
NFS に関する gluster volume set help の出力、または Red Hat Enterprise Linux 『Storage Administration Guidehttps://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/Storage_Administration_Guide/ch-nfs.html を参照してください。
NFS Ganesha
サーバー側で、ボリュームのエクスポート設定ファイル /run/gluster/shared_storage/nfs-ganesha/exports/export.volname.conf を確認します。Disable_ACL オプションを true に設定すると、ACL が無効になります。それ以外の場合は、そのボリュームに対して ACL が有効になります。
注記
NFS-Ganesha は NFSv4 プロトコルの標準化された ACL をサポートしますが、NFSv3 マウントに使用される NFSACL プロトコルはサポートしません。ACL を設定できるのは、NFSv4 のみです。
サーバーが ACL に対応している限り、クライアント側で NFSv4 ACL を無効にするオプションはありません。クライアントは、マウントポイントに ACL を設定できます。
詳細は、「NFS Ganesha」 を参照してください。クライアント側の設定は、Red Hat Enterprise Linux 『Storage Administration Guide』: https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/Storage_Administration_Guide/ch-nfs.html を参照してください。
samba
POSIX ACL は、Samba を使用して Red Hat Gluster Storage ボリュームにアクセスする際にデフォルトで有効になります。
詳細は、「SMB」 を参照してください。