6.3.2.2. Gluster NFS を使用した Red Hat Gluster Storage ボリュームのマウント (非推奨)

以下の方法のいずれかを使用して、Red Hat Gluster Storage ボリュームをマウントできます。
注記
現在 GlusterFS NFS サーバーは、NFS プロトコルのバージョン 3 のみに対応します。優先オプションとして、/etc/nfsmount.confnfsmount.conf ファイルのデフォルトバージョンとしてバージョン 3 を常に設定します。このファイルに以下のテキストを追加し ます。
Defaultvers=3
ファイルが変更されない場合は、すべてのマウントコマンドに vers=3 を手動で追加します。
# mount nfsserver:export -o vers=3 /MOUNTPOINT
上記のセクションで説明されている GlusterFS での RDMA サポートは、ブリックと Fuse のマウント/GFAPI/NFS サーバー間の通信に関するものです。NFS カーネルクライアントは、引き続き tcp 経由で GlusterFS NFS サーバーと通信します。
1 種類のトランスポートでのみ作成されたボリュームの場合、GlusterFS NFS サーバーとブリック間の通信はそのトランスポートタイプを介して行われます。tcp,rdma の場合は、ボリュームセットオプション nfs.transport-type を使用して変更する可能性があります。
ボリュームをマウントしたら、で説明されている手順に従って、マウントされたボリュームをテストできます。「Gluster NFS を使用したマウントしたボリュームのテスト (非推奨)」
6.3.2.2.1. Gluster NFS を使用したボリュームの手動マウント (非推奨)
マウントポイントを作成し、mount コマンドを実行して、Gluster NFS を使用して Red Hat Gluster Storage ボリュームを手動でマウントします。
  1. ボリュームにマウントポイントが作成されていない場合は、mkdir コマンドを実行してマウントポイントを作成します。
    # mkdir /mnt/glusterfs
  2. システムの適切な mount コマンドを実行します。
    Linux の場合
    # mount -t nfs -o vers=3 server1:/test-volume /mnt/glusterfs
    Solaris の場合
    # mount -o vers=3 nfs://server1:38467/test-volume /mnt/glusterfs
TCP を介した Gluster NFS を使用した Red Hat Gluster Storage ボリュームの手動マウント
マウントポイントを作成し、mount コマンドを実行して、TCP 上の Gluster NFS を使用して Red Hat Gluster Storage ボリュームを手動でマウントします。
注記
GlusterFS NFS サーバーは UDP をサポートしません。Solaris クライアントなどの NFS クライアントを、デフォルトで UDP を使用して接続すると、以下のメッセージが表示されます。
要求された NFS バージョンまたはトランスポートプロトコルはサポートされていません
nfs.mount-udp オプションは、マウントするためにサポートされています。デフォルトでは、これは無効にされています。以下は制限です。
  • nfs.mount-udp が有効になっている場合、NFSv3 に必要な MOUNT プロトコルは、UDP で MOUNT を必要とする NFS-clients からの要求を処理できます。これは、少なくとも一部のバージョンの Solaris、IBM AIX、および HP-UX に便利です。
  • 現在、UDP 上の MOUNT は、ボリュームへのサブディレクトリーのマウントをサポートしていません。server:/volume/subdir エクスポートのマウントは、TCP での MOUNT が使用される場合にのみ機能します。
  • UDP 上の MOUNT は、現在 TCP 上にある MOUNT の認証オプションをサポートしていません。nfs.mount-udp を有効にすると、nfs.rpc-auth- allownfs.rpc-auth- rejectnfs .export- dir などのさまざまな認証オプションよりも、NFS クライアントにより多くのパーミッションが付与される可能性があります。
  1. ボリュームにマウントポイントが作成されていない場合は、mkdir コマンドを実行してマウントポイントを作成します。
    # mkdir /mnt/glusterfs
  2. システムの適切な mount コマンドを実行します。システムの TCP プロトコルオプションを指定します。
    Linux の場合
    # mount -t nfs -o vers=3,mountproto=tcp server1:/test-volume /mnt/glusterfs
    Solaris の場合
    # mount -o proto=tcp, nfs://server1:38467/test-volume /mnt/glusterfs