6.3.3. NFS Ganesha

NFS-Ganesha は NFSv3、NFSv4.0、および NFSv4.1 に対応する NFS プロトコルのユーザー空間ファイルサーバーです。
Red Hat Gluster Storage 3.5 は、Red Hat Enterprise Linux 7 の NFS-Ganesha のコミュニティーの V2.7 の安定したリリースでサポートされます。NFS-ganesha のさまざまなサポート対象機能については、「『Supported Features of NFS-Ganesha』」を参照してください。
注記
NFS-Ganesha をインストールするには、『Red Hat Gluster Storage 3.5 Installation Guide』の『Deploying NFS-Ganesha on Red Hat Gluster Storage』を参照してください。

6.3.3.1. NFS-Ganesha のサポートされる機能

以下の一覧で、NFS-Ganesha のサポートされる機能を簡単に説明します。

高可用性 Active-Active NFS-Ganesha

高可用性のアクティブ/アクティブ環境で、特定のアプリケーションを実行している NFS-Ganesha サーバーに接続されている NFS-Ganesha サーバーがダウンすると、管理上の介入なしにアプリケーション/NFS クライアントは、別の NFS-Ganesha サーバーにシームレスに接続されます。

クラスターのマルチヘッド NFS-Ganesha サーバー間のデータの一貫性は、Gluster の Upcall インフラストラクチャーを使用して実行されます。Gluster の Upcall インフラストラクチャーは、バックエンドファイルシステムで変更が検出される際に、対応する glusterfs クライアント (この場合は NFS-Ganesha サーバー) に通知を送信する汎用かつ拡張可能なフレームワークです。

ボリュームの動的エクスポート

NFS-Ganesha は、エクスポートの追加または削除を動的にサポートします。動的エクスポートは DBus インターフェースにより管理されます。DBus は、システム管理およびピアツーピアアプリケーション通信用のシステムローカル IPC メカニズムです。

複数のエントリーのエクスポート

NFS-Ganesha では、複数の Red Hat Gluster Storage ボリュームまたはサブディレクトリーを同時にエクスポートすることができます。

擬似ファイルシステム

NFS-Ganesha は NFSv4 擬似ファイルシステムを作成して維持します。このシステムは、サーバー上のすべてのエクスポートしたオブジェクトへのシームレスなアクセスを提供します。

アクセス制御リスト

NFS-Ganesha NFSv4 プロトコルには、Windows で使用されるアクセス制御リスト (ACL) の統合サポートが含まれています。これらの ACL を使用して信頼側の識別や、その信頼側のアクセス権限の許可または拒否を指定できます。この機能はデフォルトでは無効になっています。

注記
AUDIT および ALARM ACE タイプは現在サポートされていません。