6.4.4. 共有ボリュームへのユーザーアクセスの設定

6.4.4.1. macOS ユーザーのアプレット作成コンテキストの設定

  1. smb.conf ファイルの [global] セクションに以下の行を追加します。表示されるインデントレベルが必要なことに注意してください。
                fruit:aapl = yes
                ea support = yes
  2. 以下の行を vfs_fruit ファイルのボリュームのエクスポート設定ブロックに追加して、smb.conf モジュールとその依存関係を読み込みます。
    vfs objects = fruit streams_xattr glusterfs
    以下は例になります。
    [gluster-volname]
    comment = For samba share of volume smbshare
    vfs objects = fruit streams_xattr glusterfs
    glusterfs:volume = volname
    glusterfs:logfile = /var/log/samba/glusterfs-volname-fruit.%M.log
    glusterfs:loglevel = 7
    path = /
    read only = no
    guest ok = yes
    
    fruit:encoding = native