第4章 信頼できるストレージプールへのサーバーの追加

ストレージプールは、ストレージプールのネットワークです。
最初のサーバーを起動するとき、ストレージプールはそのサーバーのみで構成されます。ストレージプールに追加のストレージサーバーを追加するのは、実行中の信頼済みストレージサーバーの probe コマンドを使用して可能です。
重要
サーバーを信頼できるストレージプールに追加する前に、3章Red Hat Gluster Storage に関する考慮事項 で指定されたポートが開いていることを確認する必要があります。
Red Hat Enterprise Linux 7 では、以下のコマンドを使用して、ランタイムおよび永続モードのアクティブなゾーンで glusterFS ファイアウォールサービスを有効にします。
アクティブゾーンの一覧を取得するには、以下のコマンドを実行します。
# firewall-cmd --get-active-zones
アクティブなゾーンでファイアウォールサービスを許可するには、次のコマンドを実行します。
# firewall-cmd --zone=zone_name --add-service=glusterfs
# firewall-cmd --zone=zone_name --add-service=glusterfs --permanent
ファイアウォールの詳細情報は、『 Red Hat Enterprise Linux 7 セキュリティーガイド』: https://access.redhat.com/documentation/en-US/Red_Hat_Enterprise_Linux/7/html/Security_Guide/sec-Using_Firewalls.html の 『ファイアウォールの使用』 のセクションを参照してください。
注記
2 つの gluster コマンドが同じボリュームで同時に実行されると、以下のエラーが表示されます。
Another transaction is in progress. (別のトランザクションが進行中です)
Red Hat Gluster Storage のこの動作により、複数のコマンドがボリューム設定を同時に変更できなくなるため、一貫性が失われる可能性があります。このような実装は、Red Hat Gluster Storage コンソールや Red Hat Enterprise Virtualization Manager などのモニタリングフレームワークを使用する環境で一般的です。たとえば、4 ノードの Red Hat Gluster Storage Trusted Storage Pool では、このメッセージは 2 つのノードから同時に gluster volume status VOLNAME コマンドが実行される際に監視されます。

4.1. 信頼できるストレージプールへのサーバーの追加

gluster peer probe [server] コマンドは、信頼されたサーバープールにサーバーを追加するために使用されます。
注記
Red Hat Gluster Storage ノードの低いバージョンからより高いバージョンのノードのプローブはサポートされていません。

信頼できるストレージプールへの 3 台のサーバーの追加

ボリュームを構成する 3 つのストレージプールで構成される、信頼できるストレージプールを作成します。

前提条件

  • glusterd サービスは、信頼できるストレージプールの追加を必要とするすべてのストレージサーバーで実行する必要があります。サービスの起動および停止の手順については、22章glusterd サービスの起動と停止 を参照してください。
  • 信頼されるストレージサーバーである Server1 が起動します。
  • ターゲットサーバーのホスト名は DNS で解決できる必要があります。
  1. サーバー 1 から gluster peer probe [server] を実行して、信頼済みストレージプールにサーバーを追加します。
    注記
    • Server1 のセルフプロービングは、デフォルトで信頼されるストレージプールの一部であるため、エラーが発生します。
    • RDMA または RDMA のいずれかに、ストレージプールに TCP ボリュームが作成される場合は、Trusted Storage Pool のすべてのサーバーには RDMA デバイスが必要です。ピアプローブは、RDMA デバイスに割り当てられた IP/ホスト名を使用して実行する必要があります。
    # gluster peer probe server2
    Probe successful
    
    # gluster peer probe server3
    Probe successful
    
    # gluster peer probe server4
    Probe successful
  2. 以下のコマンドを使用して、すべてのサーバーからピアのステータスを確認します。
    # gluster peer status
      Number of Peers: 3
    
      Hostname: server2
      Uuid: 5e987bda-16dd-43c2-835b-08b7d55e94e5
      State: Peer in Cluster (Connected)
    
      Hostname: server3
      Uuid: 1e0ca3aa-9ef7-4f66-8f15-cbc348f29ff7
      State: Peer in Cluster (Connected)
    
      Hostname: server4
      Uuid: 3e0caba-9df7-4f66-8e5d-cbc348f29ff7
      State: Peer in Cluster (Connected)
重要
既存の信頼できるストレージプールに geo レプリケーションセッションがある場合は、新しいサーバーを信頼できるストレージプールに追加した後に、「新規に追加されたブリック、ノード、またはボリュームでの Geo レプリケーションの起動」 に一覧表示されている手順に従ってください。
注記
以下のコマンドを使用して、時刻がすべての Gluster ノードで同期されていることを確認します。
# for peer in `gluster peer status | grep Hostname | awk -F':' '{print $2}' | awk '{print $1}'`; do clockdiff $peer; done