14.2. BitRot 検出動作の変更

デーモンを有効にすると、検出プロセスを一時停止および再開し、そのステータスを確認して、実行頻度や実行速度を変更できます。
gluster volume bitrot VOLNAME scrub ondemand
スクラビングプロセスを開始し、スクラバーはすぐにファイルシステムのクローリングを開始します。オンデマンドのスクラビングが成功するまで、スクラバーが次の周波数サイクルを待機している 'Active (Idle)' のスクラバーを保持するようにします。オンデマンドのスクラビングでは、スクライバーが 'Paused' 状態であるか、またはすでに実行中である場合は機能しません。
gluster volume bitrot VOLNAME scrub pause
指定されたボリュームでスクラビングプロセスを一時停止します。これにより、BitRot デーモンは停止しません。ボリュームチェックファイルの循環プロセスを停止します。
gluster volume bitrot VOLNAME scrub resume
指定されたボリュームでスクラビングプロセスを再開します。これは BitRot デーモンを起動せず、ボリュームチェックファイルの循環プロセスを再起動することに注意してください。
gluster volume bitrot VOLNAME scrub status
このコマンドは、指定されたボリュームにおけるスクラブステータスの概要を出力します。これには、このボリュームのさまざまな設定の詳細とビット腐敗の場所およびスクラバーエラーログが含まれます。また、エラーについてスキャンした各ノードの詳細と、破損したオブジェクトの識別子も出力します。
gluster volume bitrot VOLNAME scrub-throttle rate
BitRot デーモンはファイルシステム全体をスクラビングするため、スクラビングはパフォーマンスに重大な影響を与える可能性があります。このコマンドは、ファイルおよびオブジェクトの検証速度を変更します。有効なレートは lazynormal、および Aggressive です。デフォルトでは、スクラビャープロセスは lazy モードで開始されます。
gluster volume bitrot VOLNAME scrub-frequency frequency
このコマンドは、BitRot デーモンが有効な場合にスクラブ操作を実行する頻度を変更します。有効なオプションは、dailyweeklybiweeklymonthlybiweekly のデフォルト値は、スクラビタープロセスが biweekly を実行するように設定されています。