6.4.8. Windows でのスナップショットへのアクセス

スナップショットは、ボリュームの読み取り専用のポイントインタイムコピーです。Windows には、ボリューム Shadow-copy サービス (VSS としても知られる) を介してスナップショットを参照する組み込みメカニズムがあります。この機能を使用すると、最小限のステップで、以前のバージョンのファイルやフォルダーにアクセスできます。
注記
Shadow Copy (Volume Shadow-copy Service (VSS) とも呼ばれます) は、スナップショットの表示以外に、コンピューターファイルまたはボリュームのスナップショットを取得できる Microsoft Windows に含まれるテクノロジーです。現在、スナップショットの表示のみをサポートしています。このインターフェースを使用したスナップショットの作成はサポートされていません。

6.4.8.1. デスティネーションコピーの設定

シャドウコピーを設定するには、smb.conf ファイルで以下の設定を変更/編集する必要があります。smb.conf ファイルは etc/samba/smb.conf にあります。
注記
shadow_copy2 モジュールが smb.conf で有効になっていることを確認します。以下のパラメーターを vfs オブジェクトオプションに追加するには、以下を実行します。
以下に例を示します。
vfs objects = shadow_copy2 glusterfs

表6.9 設定オプション

設定オプション 必須? デフォルト値 説明
shadow:snapdir Yes 該当なし スナップショットが保持されるディレクトリーへのパス。snapdir の名前は .snaps にする必要があります。
shadow:basedir Yes 該当なしスナップショット元となるベースディレクトリーへのパス。basedir の値は / である必要があります。
shadow:sort Optional 分類されていない サポートされる値は asc/desc です。このパラメーターにより、シャドウコピーディレクトリーをクライアントに送信する前にソートすることができます。これは、通常、unix ファイルシステムがアルファベット順でソートされないため、有益です。有効にすると、降順で指定されます。
shadow:localtime Optional UTC これは、スナップショット名が UTC/GMT またはローカルタイムであることを示すオプションのパラメーターです。
shadow:format Yes 該当なし このパラメーターは、スナップショットの命名形式を指定します。形式は、str[fp]time が認識する変換仕様と互換性がある必要があります。デフォルト値は _GMT-%Y.%m.%d-%H.%M.%S です。
shadow:fixinodesOptionalNo shadow:fixinodes を有効にすると、このモジュールにより、ファイルパスのハッシュを使用して、スナップショットディレクトリー内のファイルの循環 inode 数が変更されます。これは、スナップショットが元のファイルと同じ device:inode 番号を持つスナップショットシステム (GPFS スナップショットの場合など) に必要です。このオプションを設定しないと、シャドウコピー UI の「restore」ボタンが共有違反で失敗します。
shadow:snapprefixOptional該当なしスナップショット名の接頭辞に一致する正規表現。Red Hat Gluster Storage は Basic Regular Expression (BRE) のみをサポートします。
shadow:delimiterOptional_GMT区切り文字は、shadow:snapprefix と shadow:format を分離するために使用されます。
以下は、smb.conf ファイルの例です。
[gluster-vol0]
comment = For samba share of volume vol0
vfs objects = shadow_copy2 glusterfs
glusterfs:volume = vol0
glusterfs:logfile = /var/log/samba/glusterfs-vol0.%M.log
glusterfs:loglevel = 3
path = /
read only = no
guest ok = yes
shadow:snapdir = /.snaps
shadow:basedir = /
shadow:sort = desc
shadow:snapprefix= ^S[A-Za-z0-9]*p$
shadow:format = _GMT-%Y.%m.%d-%H.%M.%S
上記の例では、シャドウコピーを有効にするために、上記のパラメーターを smb.conf ファイルに追加する必要があります。上記のオプションは必須ではありません。
シャドウコピーは、smb.conf エントリーに基づいてすべてのスナップショットをフィルターします。これは、基準に一致するスナップショットのみを表示します。上記の例では、スナップショット名は「S」で始まり、「p」で終了します。間のアルファベット数字も検索対象となります。たとえば、以下のスナップショットの一覧では、Windows が最初の 2 つのスナップショットを表示し、最後のスナップショットは無視されます。したがって、これらのオプションは、表示するスナップショットや表示しないものをフィルタリングするのに役立ちます。
Snap_GMT-2016.06.06-06.06.06
Sl123p_GMT-2016.07.07-07.07.07
xyz_GMT-2016.08.08-08.08.08
smb.conf ファイルを編集したら、以下の手順を実行してスナップショットのアクセスを有効にします。
  1. smb サービスを起動または再起動します。
    RHEL 7 および RHEL 8 で systemctl [re]start smb を実行します。
    RHEL 6 で、service smb [re]start を実行します。
  2. Samba の User Serviceable Snapshot (USS) を有効にします。詳細は、「ユーザーサービス可能なスナップショット」