13.2. 事前にパッケージ化されたスクリプト

Red Hat は、ボリュームの起動時に Samba (SMB) 共有をエクスポートするスクリプトを提供し、ボリュームを停止したときに共有を削除するスクリプトを提供します。これらのスクリプトは、/var/lib/glusterd/hooks/1/start/post および /var/lib/glusterd/hooks/1/stop/pre で利用できます。デフォルトでは、スクリプトは有効です。
以下のコマンドを使用してボリュームを起動すると、以下のようになります。
# Gluster ボリューム起動 VOLNAME
S30samba-start.sh スクリプトは、以下を実行します。
  1. Samba 共有設定の詳細を smb.conf ファイルに追加します。
  2. FUSE を介してボリュームをマウントし、同じ場合は /etc/fstab のエントリーを追加します。
  3. Samba を再起動して、更新された設定で実行します。
以下のコマンドを使用してボリュームを停止すると、以下のようになります。
# Gluster volume stop VOLNAME
S30samba-stop.sh スクリプトは、以下を実行します。
  1. smb.conf ファイルから、ボリュームの Samba 共有の詳細を削除します。
  2. FUSE マウントポイントをアンマウントし、/ etc/fstabで対応するエントリーを削除します。
  3. Samba を再起動して、更新された設定で実行します。