6.5.3. ACL が有効なボリュームのマウント

Native FUSE クライアントを使用して、ACL が有効になっているボリュームをマウントするには、acl マウントオプション を使用します。詳細は、「Red Hat Gluster Storage ボリュームのマウント」 を参照してください。
ACL は、NFS および SMB アクセスプロトコルを使用してマウントされているボリュームでデフォルトで有効になります。ACL が他のマウントボリュームで有効になっているかどうかを確認するには、「マウントされたボリュームでの ACL 有効化の確認」 を参照してください。