第19章 パフォーマンスチューニング

本章では、Red Hat Gluster Storage を設定する方法と、システムパフォーマンスを向上させる明確かつ簡単なアクティビティーについて説明します。

19.1. ディスクの設定

Red Hat Gluster Storage は JBOD (Bunch of Disks) およびハードウェア RAID ストレージをサポートします。

19.1.1. ハードウェア RAID

最も一般的に推奨される RAID レベルは、RAID 6 および RAID 10 です。RAID 6 では、大きなファイルへの連続書き込みのための、領域効率の改善、優れた読み取りパフォーマンス、優れたパフォーマンスが実現されています。
12 のディスクに設定すると、RAID 6 では、容量が 50% 削減された RAID 10 と比較して、~40% のストレージ領域を利用できます。ただし、小規模なファイルの書き込みと無作為な書き込みの場合の RAID 6 のパフォーマンスは、RAID 10 よりも低くなる傾向があります。ワークロードが厳密に小さいファイルである場合、RAID 10 に最適な設定になります。
ハードウェア RAID 設定の重要なパラメーターは、ストライプユニットのサイズです。シンプロビジョニングされたディスクでは、RAID ストライプユニットのサイズを選択すると、シンプロビジョニングのチャンクサイズの選択に密接に関連します。
RAID 10 では、ストライプユニットサイズ 256 KiB が推奨されます。
RAID 6 では、ストライプサイズを、完全なストライプサイズ (ストライプユニット * データディスク数 * データディスク数) が 1 MiB から 2 MiB までの値になるように、ストライプユニットのサイズを選択する必要があります。ハードウェア RAID コントローラーは通常、2 の累乗でストライプユニットサイズを許可します。12 ディスク (10 データディスク) の RAID 6 では、推奨されるストライプユニットサイズは 128KiB です。

19.1.2. JBOD

JBOD 設定では、物理ディスクは RAID デバイスに集約されませんが、オペレーティングシステムが別のディスクとして表示されます。これにより、ハードウェア RAID コントローラーを必要としないシステム設定が簡素化されます。
システムのディスクがハードウェア RAID コントローラー経由で接続されている場合は、JBOD 設定の作成方法に関する RAID コントローラーのドキュメントを参照してください。通常、JBOD は、pass-through モードを使用して raw ドライブをオペレーティングシステムに公開することで実証します。
JBOD 設定では、1 つの物理ディスクが Red Hat Gluster Storage ブリックのストレージとして機能します。
JBOD 設定は、分散ボリュームと 3 方向のレプリケーションを持つノードごとに最大 36 のディスクをサポートします。