17.2.7. 書き込みパフォーマンスの表示

volume top コマンドを使用して、各ブリックまたは NFS サーバーでファイルの書き込みスループットを表示できます。ブリック名が指定されていない場合には、そのボリュームに属するすべてのブリックのメトリックが表示されます。出力は書き込みスループットになります。
このコマンドは、指定されたカウントおよびブロックサイズへの書き込み操作を開始し、glusterFS プロセスに基づいて、バックエンドのエクスポートで対応するスループットを直接測定します。
各ブリックの書き込みパフォーマンスを表示するには、必要に応じてオプションを指定して、以下のコマンドを使用します。
# Gluster volume top VOLNAME write-perf [bs blk-size count] [nfs | brick BRICK-NAME] [list-cnt cnt]
たとえば、テストボリュームのブリック サーバー(/export/ of test-volume )で書き込みパフォーマンスを表示するには、256 のブロックサイズを指定し、上位 10 件の結果を一覧表示します。
# gluster volume top testvol_distributed-dispersed write-perf bs 256 count 1 brick `hostname`:/bricks/brick1/testvol_distributed-dispersed_brick1/ list-cnt 10
Brick: server/bricks/brick1/testvol_distributed-dispersed_brick1
Throughput 3.88 MBps time 0.0001 secs
MBps Filename                                        Time
==== ========                                        ====
   0 /user12/dir4/dir4/testfile4.txt                 2021-02-01 13:30:32.225628
   0 /user12/dir4/dir4/testfile3.txt                 2021-02-01 13:30:31.771095
   0 /user12/dir4/dir4/testfile0.txt                 2021-02-01 13:30:29.655447
   0 /user12/dir4/dir3/testfile4.txt                 2021-02-01 13:30:29.62920
   0 /user12/dir4/dir3/testfile3.txt                 2021-02-01 13:30:28.995407
   0 /user2/dir4/dir4/testfile2.txt                  2021-02-01 13:30:28.489318
   0 /user2/dir4/dir4/testfile1.txt                  2021-02-01 13:30:27.956523
   0 /user2/dir4/dir3/testfile4.txt                  2021-02-01 13:30:27.34337
   0 /user12/dir4/dir3/testfile0.txt                 2021-02-01 13:30:26.699984
   0 /user3/dir4/dir4/testfile2.txt                  2021-02-01 13:30:26.602165