第3章 Red Hat Gluster Storage に関する考慮事項

3.1. ファイアウォールおよびポートアクセス

Red Hat Gluster Storage が適切に機能するには、複数のポートへのアクセスが必要です。「ポートアクセスの要件」 で示されているように、ポートアクセスが利用可能であることを確認します。

3.1.1. ファイアウォールの設定

Red Hat Entperise Linux 6 と Red Hat Enterprise Linux 7 では、ファイアウォール設定ツールが異なります。
Red Hat Enterprise Linux 6 の場合は、iptables コマンドを使用してポートを開きます。
# iptables -A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 5667 -j ACCEPT
# service iptables save
重要
Red Hat Gluster Storage は 3.5 Batch Update 1 以降では、Red Hat Enterprise Linux 6 (RHEL 6) でサポートされません。『 インストールガイド』の「 『バージョンの詳細』 表」 『および「Red Hat Gluster Storage ソフトウェアコンポーネントおよびバージョン』 」を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux 7 では、デフォルトのポートが他のサービスで使用されていない場合は、通常はポートを開くのではなく、サービスを追加する方が容易になります。
# firewall-cmd --zone=zone_name --add-service=glusterfs
# firewall-cmd --zone=zone_name --add-service=glusterfs --permanent
ただし、デフォルトのポートがすでに使用されている場合は、以下のコマンドで特定のポートを開くことができます。
# firewall-cmd --zone=zone_name --add-port=port/protocol
# firewall-cmd --zone=zone_name --add-port=port/protocol --permanent
以下に例を示します。
# firewall-cmd --zone=public --add-port=5667/tcp
# firewall-cmd --zone=public --add-port=5667/tcp --permanent

3.1.2. ポートアクセスの要件

表3.1 すべてのストレージサーバーで以下のポートを開きます。

接続ソースTCP ポートUDP ポート推奨用途
有効な SSH キーを持つ認証されたネットワークエンティティー22-すべての設定geo レプリケーションを使用したリモートバックアップ
認証されたネットワークエンティティー。他の RPC サービスと競合しないように注意してください。111111すべての設定RPC ポートマッパーおよび RPC バインド
認証された SMB/CIFS クライアント139 および 445137 および 138SMB/CIFS を使用したストレージの共有SMB/CIFS プロトコル
認証された NFS クライアント20492049Gluster NFS または NFS-Ganesha を使用したストレージの共有NFS プロトコルを使用したエクスポート
Samba-CTDB クラスターのすべてのサーバー4379-SMB および Gluster NFS を使用したストレージの共有CTDB
認証されたネットワークエンティティー24007-すべての設定glusterd を使用した管理プロセス
認証されたネットワークエンティティー55555-すべての設定
Gluster イベントデーモン
以前のバージョンの Red Hat Gluster Storage から最新のバージョン 3.5.4 にアップグレードする場合、glusterevents デーモンに使用されるポートは、柔軟性のある範囲にあるように修正する必要があります。
NFSv3 クライアント662662NFS-Ganesha および Gluster NFS を使用したストレージの共有statd
NFSv3 クライアント3280332803NFS-Ganesha および Gluster NFS を使用したストレージの共有NLM プロトコル
マウント要求を送信する NFSv3 クライアント-32769Gluster NFS を使用したストレージの共有Gluster NFS MOUNT プロトコル
マウント要求を送信する NFSv3 クライアント2004820048NFS-Ganesha を使用したストレージの共有NFS-Ganesha MOUNT プロトコル
NFS クライアント875875NFS-Ganesha を使用したストレージの共有NFS-Ganesha RQUOTA プロトコル(クォータ情報の取得)
pacemaker/corosync クラスターのサーバー2224-NFS-Ganesha を使用したストレージの共有pcsd
pacemaker/corosync クラスターのサーバー3121-NFS-Ganesha を使用したストレージの共有pacemaker_remote
pacemaker/corosync クラスターのサーバー-5404 および 5405NFS-Ganesha を使用したストレージの共有corosync
pacemaker/corosync クラスターのサーバー21064-NFS-Ganesha を使用したストレージの共有dlm
認証されたネットワークエンティティー49152 - 49664-すべての設定ブリック通信ポート必要なポートの合計数は、ノード上のブリックの数によって異なります。マシンのブリックごとに 1 つのポートが必要です。
Gluster クライアント1023 または 49152-システムポートがすでにマシンで使用されている場合にのみ適用されます。ブリックとクライアントプロセス間の通信。

表3.2 NFS-Ganesha および Gluster NFS ストレージクライアントで以下のポートを開く

接続ソースTCP ポートUDP ポート推奨用途
NFSv3 サーバー662662NFS-Ganesha および Gluster NFS を使用したストレージの共有statd
NFSv3 サーバー3280332803NFS-Ganesha および Gluster NFS を使用したストレージの共有NLM プロトコル