16.7. ボリュームから階層の割り当て解除 (非推奨)

警告
階層化は、Red Hat Gluster Storage 3.5 では非推奨です。Red Hat ではこの使用を推奨しておらず、Red Hat Gluster Storage 3.5.3 にアップグレードする新規デプロイメントおよび既存デプロイメントでは階層化をサポートしません。
階層の割り当てを解除するには、以下の手順を実行します。
  1. 以下のコマンドを実行して、デタッチ層を開始します。
    # gluster volume tier VOLNAME detach start
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume detach start
  2. ステータスが complete と表示されるまで、デタッチ層のステータスを監視します。
    # gluster volume tier VOLNAME detach status
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume detach status
    Node Rebalanced-files          size       scanned      failures       skipped               status       run time in secs
    --------      -----------   -----------   -----------   -----------   -----------         ------------     --------------
    localhost           0        0Bytes             0             0             0            completed               0.00
    server1             0        0Bytes             0             0             0            completed               1.00
    server2             0        0Bytes             0             0             0            completed               0.00
    server1             0        0Bytes             0             0             0            completed
    server2             0        0Bytes             0             0             0            completed
    注記
    一部のファイルは、POSIX ロックが保持されているなどのさまざまな理由で、デタッチ操作でコールド層に移行されない可能性があります。ホット階層ブリックのファイルの有無を確認し、手動でファイルを移動するか、(ファイルのロックを解除できるような) アプリケーションをオフにして、階層の停止/開始を再試行することができます。
  3. 前の status コマンドで階層が正常にデタッチされたら、以下のコマンドを実行して階層の割り当てを解除します。
    # gluster volume tier VOLNAME detach commit
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume detach commit
    Removing tier can result in data loss. Do you want to Continue? (y/n)
    y
    volume detach-tier commit: success
    Check the detached bricks to ensure all files are migrated.
    If files with data are found on the brick path, copy them via a gluster mount point before re-purposing the removed brick.
注記
tier detach commitまたはtier detach forceを実行すると、進行中のI/O操作が失敗し、Transport endpoint is not connectedエラーが発生することがありました。
デタッチ層のコミットが完了したら、gluster volume info コマンドを実行して、ボリュームが階層ボリュームではなくなることを確認できます。

16.7.1. Geo レプリケーションボリュームの階層をデタッチ (非推奨)

警告
階層化は、Red Hat Gluster Storage 3.5 では非推奨です。Red Hat ではこの使用を推奨しておらず、Red Hat Gluster Storage 3.5.3 にアップグレードする新規デプロイメントおよび既存デプロイメントでは階層化をサポートしません。
  1. 以下のコマンドを実行して、デタッチ層を開始します。
    # gluster volume tier VOLNAME detach start
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume detach start
  2. ステータスが complete と表示されるまで、デタッチ層のステータスを監視します。
    # gluster volume tier VOLNAME detach status
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume detach status
    Node Rebalanced-files          size       scanned      failures       skipped               status       run time in secs
    --------      -----------   -----------   -----------   -----------   -----------         ------------     --------------
    localhost           0        0Bytes             0             0             0            completed               0.00
    server1             0        0Bytes             0             0             0            completed               1.00
    server2             0        0Bytes             0             0             0            completed               0.00
    server1             0        0Bytes             0             0             0            completed
    server2             0        0Bytes             0             0             0            completed
    注記
    移動しなかったファイルの数もいくつかあります。このようなファイルはユーザーがロックしていて、デタッチ操作時にコールド層に移動するのを妨げている可能性があります。このようなファイルを確認する必要があります。このようなファイルが見つかると、手動でファイルを移動するか、アプリケーション (ファイルのロックを解除または切り離す) を無効にして再試行できます。
  3. geo レプリケーションセッションでチェックポイントを設定し、コールド層にあるすべてのデータがスレーブに同期されるようにします。geo レプリケーションチェックポイントの詳細は、 を「Geo-replication Checkpoints」参照してください。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL config checkpoint now
    以下に例を示します。
    # gluster volume geo-replication Volume1 example.com::slave-vol config checkpoint now
  4. 以下のコマンドを使用して、geo レプリケーションセッションのチェックポイント完了を確認します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL status detail
  5. 以下のコマンドを使用して、プライマリーとセカンダリー間の geo レプリケーションを停止します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL stop
    以下は例になります。
    # gluster volume geo-replication Volume1 example.com::slave-vol stop
  6. 以下のコマンドを使用して、階層の割り当て解除操作をコミットします。
    # gluster volume tier VOLNAME detach commit
    以下に例を示します。
    # gluster volume tier test-volume detach commit
    Removing tier can result in data loss. Do you want to Continue? (y/n)
    y
    volume detach-tier commit: success
    Check the detached bricks to ensure all files are migrated.
    If files with data are found on the brick path, copy them via a gluster mount point before re-purposing the removed brick.
    デタッチ層のコミットが完了したら、gluster volume info コマンドを実行して、ボリュームが階層ボリュームではなくなることを確認できます。
  7. 以下のコマンドを使用して geo レプリケーションセッションを再起動します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL start
    以下に例を示します。
    # gluster volume geo-replication Volume1 example.com::slave-vol start