19.4. メモリー

Red Hat Gluster Storage は、ストレージノード自体から重要なコンピュートリソースを消費しません。ただし、読み取り集約型のワークロードは、追加の RAM から著しく有用です。

19.4.1. 仮想メモリーのパラメーター

アプリケーションによって書き込まれたデータは、ディスクにフラッシュされる前にオペレーティングシステムのページキャッシュで集約されます。ダーティーデータの集計および書き込みバックは、仮想メモリーパラメーターによって制御されます。以下のパラメーターは、パフォーマンスに大きく影響する可能性があります。
  • vm.dirty_ratio
  • vm.dirty_background_ratio
これらのパラメーターの適切な値は、ワークロードのタイプによって異なります。
  • ファイルが連続してある I/O ワークロードは、これらのパラメーターの値が高いという利点があります。
  • 小さなファイルおよび無作為な I/O ワークロードの場合は、これらのパラメーター値を低く維持することを推奨します。
Red Hat Gluster Storage の Tuned プロファイルでは、これらのパラメーターの値を適切に設定します。したがって、ワークロードに基づいて適切な Red Hat Gluster Storage プロファイルを選択し、アクティベートすることが重要になります。