12.3. ログフォーマットの設定

Red Hat Gluster Storage Server を設定して、メッセージ ID またはメッセージなしでログメッセージを生成できます。
これらのオプションの詳細は、『Red Hat Gluster Storage Administration Guide』のトピック『Configuring Volume Options』を参照してください。
ボリュームのブリックに log-format を設定するには、以下を実行します。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.brick-log-format <value>

例12.1 with-msg-id でログファイルを生成します。

# gluster volume set testvol diagnostics.brick-log-format with-msg-id

例12.2 no-msg-id でログファイルを生成します。

# gluster volume set testvol diagnostics.brick-log-format no-msg-id
ボリュームのクライアントに log-format を設定するには、以下を実行します。
gluster volume set VOLNAME diagnostics.client-log-format <value>

例12.3 with-msg-id でログファイルを生成します。

# gluster volume set testvol diagnostics.client-log-format with-msg-id

例12.4 no-msg-id でログファイルを生成します。

# gluster volume set testvol diagnostics.client-log-format no-msg-id
glusterd のログ形式を設定するには、以下を実行します。
# glusterd --log-format=<value>

例12.5 with-msg-id でログファイルを生成します。

# glusterd --log-format=with-msg-id

例12.6 no-msg-id でログファイルを生成します。

# glusterd --log-format=no-msg-id

以下も参照してください。