10.4.3. Geo レプリケーションステータス情報の表示

status コマンドを使用すると、特定のジオレプリケーションセッション、master-slave セッション、またはすべてのジオレプリケーションセッションに関する情報を表示できます。ステータスの出力は、ノードとブリックレベルの情報の両方を提供します。
  • geo レプリケーションセッションに関する情報をすべて表示するには、以下のコマンドを使用します。
    # gluster volume geo-replication status [detail]
  • 特定のプライマリーボリュームから geo レプリケーションセッションに関する情報を表示するには、以下のコマンドを使用します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL status [detail]
  • 特定の master-slave セッションの情報を表示するには、以下のコマンドを使用します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL status [detail]
    重要
    データが完全に同期されている場合に、df コマンドの出力 (-h および -k を含む) とプライマリーボリュームおよびセカンダリーボリュームの inode の間に不一致が生じます。これは、changelog ジャーナリングデータによる追加の inode とサイズ消費によるものです。これは、master ボリュームのファイルシステムに加えた変更を追跡します。df コマンドを実行して同期のステータスを確認する代わりに、代わりに # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL status detail ステータスの詳細を使用します。
  • geo-replication status コマンドの出力は、以下の情報を提供します。
    • Master Node: gluster volume info コマンドの出力に記載されているように、マスターノードとホスト名
    • Master Vol: プライマリーボリューム名
    • Master Brick: ブリックのパス
    • Slave User: セカンダリーユーザー名
    • Slave: セカンダリーボリューム名
    • Slave Node: プライマリーワーカーが接続されているセカンダリーノードのIP アドレス/ホスト名。
    • Status: geo レプリケーションワーカーのステータスは以下のいずれかになります。
      • Initializing: これは Geo レプリケーションセッションの最初のフェーズで、異常が存在しないことを確認するため、1 分間この状態のままになります。
      • Created: geo レプリケーションセッションが作成されますが、開始されません。
      • Active: このノードの gsync デーモンはアクティブで、データを同期しています。
      • Passive: アクティブノードのレプリカペア。データの同期は、アクティブなノードで処理されます。したがって、このノードはデータと同期しません。
      • Faulty: geo レプリケーションセッションに問題が発生したため、さらに調査する必要があります。詳細は、「Geo レプリケーションのトラブルシューティング」 セクションを参照してください。
      • Stopped: geo レプリケーションセッションは停止しましたが、削除されていません。
    • Crawl Status: Crawl のステータスは以下のいずれかになります。
      • Changelog Crawl: changelog トランスレーターが変更ログを生成します。また、これは、データを同期するために gsyncd デーモンによって消費されています。
      • Hybrid Crawl: gsyncd デーモンは glusterFS ファイルシステムをマウントし、データを同期するために擬似変更ログを生成しています。
      • History Crawl: gsyncd デーモンはデータを同期するために changelogs トランスレーターが生成した履歴変更ログを使用します。
    • Last Synced: 最後の同期時間。
    • Entry: セッションごとの保留中のエントリー数 (CREATE、MKDIR、RENAME、UN7-4 など)。
    • Data: セッションごとに保留中の Data 操作の数。
    • Meta: セッションごとに保留中の Meta 操作の数。
    • Failures: 失敗の数。障害数がゼロを超える場合は、プライマリーブリックにエラーがないかログファイルを表示します。
    • Checkpoint Time: チェックポイントの日時を表示します (設定されている場合)。それ以外の場合は、N/A として表示されます。
    • Checkpoint Completed: チェックポイントのステータスを表示します。
    • Checkpoint Completion Time: Checkpoint が完了した場合の完了時間を表示します。それ以外の場合は、N/A として表示されます。