5.5.2. ハードな複製ボリュームの作成

シャード化はファイルを小さな部分に分割し、それらをボリュームを構成するブリック全体に分散できるようにします。これはボリュームごとに有効になります。
シャードが有効にされると、ボリュームに書き込まれたファイルは分割されます。部分のサイズは、ボリュームの features.shard-block-size パラメーターの値によって異なります。最初のコンポーネントはブリックに書き込まれ、通常のファイルのような GFID が付与されます。後続の部分は、ボリュームのブリック間で均等に分散されます(シャードブリックはデフォルトで配布)されますが、そのブリックの .shard ディレクトリーに書き込まれ、GFID とパーツの順序を示す番号が付けられます。たとえば、ファイルが 4 つの部分に分割される場合、最初のパーツは GFID という名前で、通常どおり保存されます。他の 3 つの要素はそれぞれ GFID.1、GFID.2、および GFID.3 という名前です。これらは .shard ディレクトリーに置かれ、ボリューム内のさまざまなブリック間で均等に分散されます。
シャード化は、ボリュームのブリック全体にファイルを分散するため、ボリュームに個別のブリックサイズよりも大きいファイルを保管することができます。ファイルの断片は小さくなるため、修復操作は速くなり、geo レプリケーションのデプロイメントは、アグリゲートファイル全体を同期するのではなく、変更したファイルの断片を同期できます。
シャード化により、アドホック方式でボリュームにブリックを追加して、ボリュームの容量を増やすこともできます。

5.5.2.1. サポート対象のユースケース

シャード化には、サポートされるユースケースが 1 つあります。Red Hat Gluster Storage を Red Hat Enterprise Virtualization のストレージドメインとして提供し、ライブ仮想マシンイメージのストレージを提供します。シャード化は、以前の実装よりもパフォーマンスを大幅に向上するため、このユースケースでも必要であることに注意してください。
重要
クォータはシャード化と互換性がありません。
重要
シャード化は新規デプロイメントでのみサポートされます。現在この機能のアップグレードパスがないためです。

例5.4 例: 3 方向の複製されたシャードボリューム

  1. Red Hat Gluster Storage 管理ガイドhttps://access.redhat.com/documentation/en-US/red_hat_gluster_storage/3.5/html/Administration_Guide/sect-Creating_Replicated_Volumes.html#Creating_Three-way_Replicated_Volumesで説明されているように、3 方向の複製ボリュームを設定します。
  2. ボリュームを起動する前に、ボリュームでシャード化を有効にします。
    # gluster volume set test-volume features.shard enable
  3. ボリュームを起動し、これが想定通りに機能していることを確認します。
    # gluster volume test-volume start
    # gluster volume info test-volume