19.6. レプリケーション

システムが、アクティブ/アクティブレプリケーションの 2 つの方法で設定されている場合、通常、書き込みスループットは、非複製設定にある結果の半分になります。ただし、いずれかのストレージノードから読み込みを配信できるため、通常はレプリケーションにより読み取りスループットが改善されます。