6.4.5. SMB を使用したボリュームのマウント

6.4.5.1. Red Hat Enterprise Linux で SMB でエクスポートしたボリュームの手動マウント

  1. クライアントに cifs-utils パッケージをインストールします。
    # yum install cifs-utils
  2. 構文の例を参考にして、mount -t cifs を実行して、エクスポートした SMB 共有をマウントします。
    # mount -t cifs -o user=username,pass=password  //hostname/gluster-volname /mountpoint
    Red Hat Enterprise Linux 6 にボリュームをマウントする場合は、sec=ntlmssp パラメーターも必要になります。
    # mount -t cifs -o user=username,pass=password,sec=ntlmssp //hostname/gluster-volname /mountpoint
    以下は例になります。
    # mount -t cifs -o user=cifsuser,pass=redhat,sec=ntlmssp //server1/gluster-repvol /cifs
    重要
    Red Hat Gluster Storage は 3.5 Batch Update 1 以降では、Red Hat Enterprise Linux 6 (RHEL 6) でサポートされません。インストールガイドの『バージョンの詳細』表および『Red Hat Gluster Storage ソフトウェアコンポーネントおよびバージョン』 を参照してください。
  3. サーバーで # smbstatus -S を実行して、ボリュームのステータスを表示します。
    Service        pid     machine             Connected at
    -------------------------------------------------------------------
    gluster-VOLNAME 11967   __ffff_192.168.1.60  Mon Aug  6 02:23:25 2012