11.7.3. 論理ボリュームの拡張

lvextend コマンドを使用して、論理ボリュームのサイズを拡張できます。
Red Hat は、複製されたボリューム、分散判別ボリューム、または分散型ボリュームのストレージ拡張を行う場合は、このプロセスに従うことを推奨しますが、分散複製ボリューム、判別分散複製ボリューム、分散 (distributed-dispersed) ボリュームを拡張することはできません。
警告
この操作を実施している間は、Red Hat サポートチームに関与することが推奨されます。
オンラインの論理ボリュームエクステントの場合は、関連するブリックプロセスが手動で強制終了されていることを確認してください。特定の操作がデータを消費するか、または関連するブリックにファイルの読み取りまたは書き込みが行われる可能性があります。ブリックプロセスを強制終了する前にエクステンションを続行すると、パフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。以下のコマンドを使用して、ブリックプロセス ID を特定し、同じ強制終了します。
# gluster volume status
# kill -9 brick-process-id
  1. 次のコマンドでブリックを使用して、すべてのボリュームを停止します。
    # gluster volume stop VOLNAME
  2. lsblk コマンドを使用して、新規ディスクが表示されるかどうかを確認します。
    # lsblk
  3. 以下のコマンドを実行して、新しい物理ボリュームを作成します。
    # pvcreate /dev/PHYSICAL_VOLUME_NAME
  4. 以下のコマンドを使用して、物理ボリュームが作成されているかどうかを確認します。
    # pvs
  5. 既存のボリュームグループを拡張します。
    # vgextend VOLUME_GROUP_NAME /dev/PHYSICAL_VOLUME_NAME
  6. 以下のコマンドを使用してボリュームグループのサイズを確認し、新しい追加が反映されているかどうかを確認します。
    # vgscan
  7. 作成したボリュームグループに、論理ボリュームを拡張するのに十分な領域があることを確認します。
    vgdisplay VOLUME_GROUP_NAME
    以下のコマンドを使用してファイルシステム名を取得します。
    # df -h
  8. 以下のコマンドを使用して、論理ボリュームを拡張します。
    # lvextend -L+nG /dev/mapper/ LOGICAL_VOLUME_NAME-VOLUME_GROUP_NAME
    シンプールの場合は、以下のコマンドを使用してプールを拡張します。
    # lvextend -L+nG VOLUME_GROUP_NAME/POOL_NAME
    上記のコマンドでは、n が、拡張する GB の追加サイズになります。
    #lvdisplay コマンドを実行してプール名を取得します。
    以下のコマンドを使用して、論理ボリュームが拡張されているかどうかを確認します。
    # lvdisplay VOLUME_GROUP_NAME
  9. 以下のコマンドを実行して、拡張論理ボリュームに対応するようにファイルシステムを拡張します。
    # xfs_growfs /dev/VOLUME_GROUP_NAME/LOGICAL_VOLUME_NAME
  10. 以下のコマンドを使用してファイルシステムを再マウントします。
    # mount -o remount /dev/VOLUME_GROUP_NAME/LOGICAL_VOLUME_NAME /bricks/path_to_brick
  11. force オプションを指定して、すべてのボリュームを起動します。
    # gluster volume start VOLNAME force