10.3.5. メタボリュームの設定

meta-volume gluster_shared_storage は、内部での使用に使用される gluster ボリュームです。use_meta_volumetrue に設定すると、ワーカーのフェイルオーバーを処理するのに役立つロックファイルを保管するために、geo レプリケーションを使用して共有ボリュームを使用できます。プライマリーボリュームでのノードの障害を効果的に処理するには、geo レプリケーションでこの共有ストレージをクラスターの全ノードで利用できるようにする必要があります。したがって、gluster_shared_storage という名前の Gluster ボリュームがクラスターに作成され、クラスター内のすべてのノードで /var/run/gluster/shared_storage にマウントするようにしてください。共有ストレージボリュームの設定についての詳細は、「共有ストレージボリュームの設定」 を参照してください。
注記
3.5 Batch Update 3 のリリースにより、共有ストレージのマウントポイントが /var/run/gluster/ から /run/gluster/ に変更されました。
  • geo レプリケーションのメタボリュームを設定します。
    # gluster volume geo-replication MASTER_VOL SLAVE_HOST::SLAVE_VOL config use_meta_volume true
    以下に例を示します。
    # gluster volume geo-replication Volume1 storage.backup.com::slave-vol config use_meta_volume true
重要
RHEL 8 で、rsync_full_access onrsync_client on ブール値が geo レプリケーションで必要とされる rsync 中にファイル権限の問題を防ぐために、ON に設定されているようにします。