12.5. 繰り返しログメッセージの抑制

Red Hat Gluster Storage Server の反復ログメッセージは、log-flush-timeout 期間を設定し、gluster ボリューム set コマンドで log-buf-size バッファーサイズオプションを定義することで設定できます。

タイムアウト期間による繰り返しログメッセージの抑制

ブリックにタイムアウト期間を設定するには、以下を実行します。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.brick-log-flush-timeout <value in seconds>

例12.13 ブリックにタイムアウト期間を設定する

# gluster volume set testvol diagnostics.brick-log-flush-timeout 200sec
volume set: success
クライアントにタイムアウト期間を設定するには、以下を行います。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.client-log-flush-timeout <value in seconds>

例12.14 クライアントでのタイムアウト時間の設定

# gluster volume set testvol diagnostics.client-log-flush-timeout 180sec
volume set: success
glusterd のタイムアウト期間を設定するには、以下を実行します。
# glusterd --log-flush-timeout=<value in seconds>

例12.15 glusterdでタイムアウト期間の設定

# glusterd --log-flush-timeout=60sec

バッファーサイズの定義による繰り返しログメッセージの抑制

タイムアウトまたはバッファーオーバーフローのいずれかがブリックで最初に発生するまで抑制できる一意のログメッセージの最大数。

ブリックにバッファーサイズを設定するには、以下を実行します。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.brick-log-buf-size <value>

例12.16 ブリックにバッファーサイズを設定

# gluster volume set testvol diagnostics.brick-log-buf-size 10
volume set: success
クライアントにバッファーサイズを設定するには、以下を行います。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.client-log-buf-size <value>

例12.17 クライアントでのバッファーサイズの設定

# gluster volume set testvol diagnostics.client-log-buf-size 15
volume set: success
glusterd にログバッファーサイズを設定するには、以下を実行します。
# glusterd --log-buf-size=<value>

例12.18 glusterd にログバッファーサイズを設定

# glusterd --log-buf-size=10
注記
繰り返しログメッセージの抑制を無効にするには、log-buf-size をゼロに設定します。

以下も参照してください。