5.5.2.2. 設定オプション

シャード化はボリュームレベルで有効にされ、設定されます。設定オプションは以下のとおりです。
features.shard
指定されたボリュームでシャード化を有効または無効にします。有効な値は enable および disable です。デフォルトの値は disable です。
# gluster volume set volname features.shard enable
このコマンドは、このコマンドの実行時に作成されたファイルにのみ影響することに注意してください。このコマンドを実行する前に作成されたファイルは、以前の動作を維持します。
features.shard-block-size
シャードが有効な場合にファイルの最大サイズを指定します。このパラメーターでサポートされる値は 512MB です。
# gluster volume set volname features.shard-block-size 32MB
このコマンドは、このコマンドの実行時に作成されたファイルにのみ影響することに注意してください。このコマンドを実行する前に作成されたファイルは、以前の動作を維持します。