12.4. ログレベルの設定

すべてのログメッセージにログレベルが関連付けられています。レベルは降順の CRITICAL、ERROR、WARNING、INFO、DEBUG、および TRACE です。Red Hat Gluster Storage は、特定のログレベルに対してのみログメッセージを生成するように設定できます。設定されたログレベル以上のログレベルを持つメッセージのみがログに記録されます。
たとえば、ログレベルが INFO に設定されている場合、CRITICALERRORWARNING、および INFO メッセージのみがログに記録されます。
コンポーネントは、以下のいずれかのレベルでログを記録するように設定できます。
  • CRITICAL
  • ERROR
  • 警告
  • INFO
  • DEBUG
  • TRACE
重要
ログレベルを TRACE または DEBUG に設定すると、非常に多くのログメッセージが生成され、ディスクが非常に領域が不足する可能性があります。
ブリックにログレベルを設定するには、以下を行います。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.brick-log-level <value>

例12.7 ブリックの警告にログレベルを設定します。

# gluster volume set testvol diagnostics.brick-log-level WARNING
ブリックに syslog レベルを設定するには、以下を行います。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.brick-sys-log-level <value>

例12.8 syslog レベルを、ブリックで警告に設定します。

# gluster volume set testvol diagnostics.brick-sys-log-level WARNING
クライアントにログレベルを設定するには、以下を行います。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.client-log-level <value>

例12.9 ログレベルをクライアントのエラーに設定します。

# gluster volume set testvol diagnostics.client-log-level ERROR
クライアントに syslog レベルを設定するには、以下を行います。
# gluster volume set VOLNAME diagnostics.client-sys-log-level <value>

例12.10 syslog レベルをクライアントでエラーに設定します。

# gluster volume set testvol diagnostics.client-sys-log-level ERROR
glusterd のログレベルを永続的に設定するには
/etc/sysconfig/glusterd ファイルを編集し、LOG_LEVEL パラメーターの値を glusterd が使用するログレベルに設定します。
## Set custom log file and log level (below are defaults)
#LOG_FILE='/var/log/glusterfs/glusterd.log'
LOG_LEVEL='VALUE'
この変更は、glusterd が サービスまたは systemctl コマンドで起動または再起動されるまで反映されません。

例12.11 ログレベルを glusterdの WARNING に設定します。

以下のコマンドを実行してログレベルを WARNING に設定します。
  1. glusterd サービスファイルを編集します。
    Red Hat Enterprise 7(RHEL 7)および RHEL 8 では、glusterd サービスファイルは /usr/lib/systemd/system/glusterd.serviceで利用できます。
    RHEL 6 では、glusterd サービスファイルは /etc/sysconfig/glusterdで利用できます。
    重要
    Red Hat Gluster Storage は 3.5 Batch Update 1 以降では、Red Hat Enterprise Linux 6 (RHEL 6) でサポートされません。『 インストールガイド』の「 『バージョンの詳細』 表」 『および「Red Hat Gluster Storage ソフトウェアコンポーネントおよびバージョン』 」を参照してください。
  2. LOG_LEVEL 変数を必要なデバッグレベルに変更します。
    ## Set custom log file and log level (below are defaults)
                     #LOG_FILE='/var/log/glusterfs/glusterd.log'
                     LOG_LEVEL='WARNING'
  3. デーモンを再読み込みします。
    RHEL 7 および RHEL 8 で以下を実行します。
    systemctl daemon-reload
    RHEL 6 で以下を実行します。
    service glusterd reload
    重要
    Red Hat Gluster Storage は 3.5 Batch Update 1 以降では、Red Hat Enterprise Linux 6 (RHEL 6) でサポートされません。『 インストールガイド』の「 『バージョンの詳細』 表」 『および「Red Hat Gluster Storage ソフトウェアコンポーネントおよびバージョン』 」を参照してください。
  4. glusterd サービスを起動します。
    RHEL 7 および RHEL 8 で以下を実行します。
    systemctl restart glusterd
    RHEL 6 で以下を実行します。
    service glusterd restart
    重要
    Red Hat Gluster Storage は 3.5 Batch Update 1 以降では、Red Hat Enterprise Linux 6 (RHEL 6) でサポートされません。『 インストールガイド』の「 『バージョンの詳細』 表」 『および「Red Hat Gluster Storage ソフトウェアコンポーネントおよびバージョン』 」を参照してください。

例12.12 ログレベルが ERROR でボリュームのステータス を実行します。

# gluster --log-level=ERROR volume status

以下も参照してください。