23.4. リモート JNDI インターフェースの設定

リモート JNDI インターフェースは、クライアントがリモート JBoss EAP インスタンスでエントリーをルックアップできるようにします。naming サブシステムを設定すると、このインターフェースをアクティブまたは非アクティブにすることができます (デフォルトではアクティブになります)。リモート JNDI インターフェースは <remote-naming> 要素を使用して設定されます。

以下の管理 CLI コマンドを使用して、リモート JNDI インターフェースをアクティブまたは非アクティブにします。

/subsystem=naming/service=remote-naming:add

以下の管理 CLI コマンドを使用して、リモート JNDI インターフェースを非アクティブにします。

/subsystem=naming/service=remote-naming:remove
注記

リモート JNDI 上では java:jboss/exported コンテキスト内のエントリーのみにアクセスできます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。