17.2. バッファーキャッシュの設定

バッファーキャッシュは静的リソースをキャッシュするために使用されます。JBoss EAP では複数のキャッシュを設定でき、デプロイメントによる参照が可能であるため、デプロイメントごとに異なるキャッシュサイズを使用することができます。バッファーは固定サイズで、リージョンで割り当てられます。使用領域の合計は、バッファーサイズ、リージョンごとのバッファー数、およびリージョンの最大数を掛けて算出できます。バッファーキャッシュのデフォルトサイズは 10MB です。

JBoss EAP はデフォルトで単一のキャッシュを提供します。

デフォルトの Undertow サブシステムの設定

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:undertow:10.0" default-server="default-server" default-virtual-host="default-host" default-servlet-container="default" default-security-domain="other">
    <buffer-cache name="default"/>
    ...
</subsystem>

既存のバッファーキャッシュの更新

既存のバッファーキャッシュを更新するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/buffer-cache=default/:write-attribute(name=buffer-size,value=2048)
reload

新規バッファーキャッシュの作成

新しいバッファーキャッシュを作成するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/buffer-cache=new-buffer:add

バッファーキャッシュの削除

バッファーキャッシュを削除するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/buffer-cache=new-buffer:remove
reload

バッファーキャッシュの設定に使用できる属性の完全リストは、「Undertow サブシステムの属性」の項を参照してください。