25.2. MicroProfile OpenTracing SmallRye サブシステムでのリクエストのトレース

重要

Eclipse Microprofile OpenTracing は、テクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

25.2.1. Eclipse MicroProfile OpenTracing

サービス境界全体でリクエストをトレースする機能は、ライフサイクル中にリクエストが複数のサービスを通過するマイクロサービス環境で特に重要となります。Eclipse Microprofile OpenTracing 仕様は、Jakarta RESTful Web Services アプリケーション内の Open Tacing 対応の Tracer オブジェクトにアクセスするための、動作および API を定義します。動作は、送受信リクエストに対してどのように Open Tracing Spans が自動的に作成されるかを指定します。API は、指定のエンドポイントのトレースをどのように明示的に無効または有効にするかを定義します。