17.8. フィルターの設定

フィルターはリクエストの一部の変更を可能にし、述語を使用してフィルターの実行時を制御できます。フィルターの一般的なユースケースには、ヘッダーの設定や GZIP 圧縮などがあります。

注記

フィルターの機能は、JBoss EAP 6 で使用されたグローバルバルブと同等です。

以下のタイプのフィルターを定義できます。

  • custom-filter
  • error-page
  • expression-filter
  • gzip
  • mod-cluster
  • request-limit
  • response-header
  • rewrite

以下の例は、管理 CLI を使用してフィルターを設定する方法を示しています。管理コンソールを使用してフィルターを設定する場合は、ConfigurationSubsystemsWeb (Undertow)Filters と選択します。

既存のフィルターの更新

既存のフィルターを更新するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/configuration=filter/response-header=myHeader:write-attribute(name=header-value,value="JBoss-EAP")
reload

新規のフィルターの作成

新規のフィルターを作成するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/configuration=filter/response-header=new-response-header:add(header-name=new-response-header,header-value="My Value")

フィルターの削除

フィルターを削除するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/configuration=filter/response-header=new-response-header:remove
reload

フィルターの設定に使用できる属性の完全リストは「Undertow サブシステムの属性」の項を参照してください。

17.8.1. buffer-request ハンドラーの設定

クライアントまたはブラウザーからのリクエストは、ヘッダーとボディーの 2 つで構成されます。通常の場合、ヘッダーとボディーの間に遅延がない状態で JBoss EAP に送信されます。しかし、ヘッダーが最初に送信され、その数秒後にボディーが送信されると、完全なリクエストの送信に遅延が発生します。このような場合、JBoss EAP にスレッドが作成され、完全なリクエストの実行を待機していることを示す waiting が表示されます。

リクエストのヘッダーおよびボティーの送信による遅延は、buffer-request ハンドラーを使用して修正できます。buffer-request ハンドラーは、ワーカースレッドに割り当てする前に、非ブロッキング IO スレッドからリクエストの消費を試みます。追加された buffer-request ハンドラーがない場合、スレッドは直接ワーカースレッドに割り当てられます。しかし、buffer-request ハンドラーが追加されると、ワーカースレッドに割り当てする前に、ハンドラーは IO スレッドを使用してブロックせずにバッファー処理できる量のデータを読み取ろうとします。

以下の管理 CLI コマンドを使用して buffer-request ハンドラーを設定できます。

/subsystem=undertow/configuration=filter/expression-filter=buf:add(expression="buffer-request(buffers=1)")

/subsystem=undertow/server=default-server/host=default-host/filter-ref=buf:add

処理できるバッファーリクエストのサイズには制限があります。この制限は、以下の式のとおり、バッファーサイズとバッファー合計数の組み合わせで決定されます。

Total_size = num_buffers × buffer_size

この式の説明は次のとおりです。

  • Total_size は、リクエストがワーカースレッドに送信される前にバッファー処理されるデータのサイズになります。
  • num_buffers はバッファーの数になります。バッファーの数は、ハンドラーの buffers パラメーターによって設定されます。
  • buffer_size は各バッファーのサイズになります。バッファーサイズは io サブシステムで設定され、デフォルトではリクエストごとに 16KB になります。
警告

メモリー不足になる可能性があるため、サイズが大きすぎるバッファーリクエストは設定しないでください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。