3.10. 管理監査ロギング

管理コンソール、管理 CLI、または管理 API を使用するカスタムアプリケーションを使用して実行されたすべての操作をログに記録する、管理インターフェースの監査ロギングを有効にできます。監査ログエントリーは JSON 形式で保存されます。監査ロギングはデフォルトでは無効になっています。

監査ロギングを設定して ファイル または syslog サーバー へ出力できます。

注記

JBoss EAP には認証されたセッションがないため、ログインおよびログアウトイベントは監査できません。その代わりに、ユーザーから操作を受信すると監査メッセージがログに記録されます。

スタンドアロンサーバーの監査ロギング

監査ロギングはデフォルトでは無効になっていますが、デフォルトの監査ロギング設定はファイルに書き込みします。

<audit-log>
    <formatters>
        <json-formatter name="json-formatter"/>
    </formatters>
    <handlers>
        <file-handler name="file" formatter="json-formatter" path="audit-log.log" relative-to="jboss.server.data.dir"/>
    </handlers>
    <logger log-boot="true" log-read-only="false" enabled="false">
        <handlers>
            <handler name="file"/>
        </handlers>
    </logger>
</audit-log>

この設定は、以下の管理 CLI コマンドを使用して読み取ることができます。

/core-service=management/access=audit:read-resource(recursive=true)

スタンドアロンサーバーの監査ロギングを有効にする場合は、「監査ロギングの有効化」を参照してください。

管理対象ドメインの監査ロギング

監査ロギングはデフォルトでは無効になっていますが、デフォルトの監査ロギング設定は各ホストおよび各サーバーに対してファイルを書き込みします。

<audit-log>
    <formatters>
        <json-formatter name="json-formatter"/>
    </formatters>
    <handlers>
        <file-handler name="host-file" formatter="json-formatter" relative-to="jboss.domain.data.dir" path="audit-log.log"/>
        <file-handler name="server-file" formatter="json-formatter" relative-to="jboss.server.data.dir" path="audit-log.log"/>
    </handlers>
    <logger log-boot="true" log-read-only="false" enabled="false">
        <handlers>
            <handler name="host-file"/>
        </handlers>
    </logger>
    <server-logger log-boot="true" log-read-only="false" enabled="false">
        <handlers>
            <handler name="server-file"/>
        </handlers>
    </server-logger>
</audit-log>

この設定は、以下の管理 CLI コマンドを使用して読み取ることができます。

/host=HOST_NAME/core-service=management/access=audit:read-resource(recursive=true)

管理対象ドメインの監査ロギングを有効にする場合は、「監査ロギングの有効化」を参照してください。

3.10.1. 管理監査ロギングの有効化

監査ロギングはデフォルトでは無効になっていますが、JBoss EAP には監査ロギングのファイルハンドラーが事前設定されています。監査ロギングを有効にする管理 CLI コマンドは、スタンドアロンサーバーとして実行しているかまたは管理対象ドメインで実行しているかによって異なります。ファイルハンドラーの属性は「管理監査ロギング属性」を参照してください。

次の手順では、NATIVE および HTTP 監査ロギングを有効にします。JMX 監査ロギングを設定する場合は「JMX 管理監査ロギングの有効化」を参照してください。

syslog 監査ロギングを設定する場合は「 syslog サーバーへの管理監査ロギングの送信」を参照してください。

スタンドアロンサーバー監査ロギングの有効化

監査ロギングは以下のコマンドを使用して有効にできます。

/core-service=management/access=audit/logger=audit-log:write-attribute(name=enabled,value=true)

デフォルトでは、このコマンドによって監査ログが EAP_HOME/standalone/data/audit-log.log に書き込まれます。

管理対象ドメイン監査ロギングの有効化

管理対象ドメインのデフォルトの監査ログ設定は、各ホストおよび各サーバーに対して監査ログを書き込むよう事前設定されています。

各ホストの監査ロギングは以下のコマンドを使用して有効にできます。

/host=HOST_NAME/core-service=management/access=audit/logger=audit-log:write-attribute(name=enabled,value=true)

デフォルトでは、このコマンドによって監査ログが EAP_HOME/domain/data/audit-log.log に書き込まれます。

各サーバーの監査ロギングは以下のコマンドを使用して有効にできます。

/host=HOST_NAME/core-service=management/access=audit/server-logger=audit-log:write-attribute(name=enabled,value=true)

デフォルトでは、このコマンドによって監査ログが EAP_HOME/domain/servers/SERVER_NAME/data/audit-log.log に書き込まれます。