A.3. RPM サービス設定プロパティー

以下の表は、JBoss EAP RPM サービスで使用できる設定プロパティーと、そのデフォルト値のリストになります。

注記

同じ名前のプロパティーが RPM サービス設定ファイル (例: /etc/sysconfig/eap7-standalone) と JBoss EAP 起動設定ファイル (例:EAP_HOME/bin/standalone.conf) にある場合、JBoss EAP 起動設定ファイルのプロパティーの値が優先されます。このようなプロパティーの 1 つが JAVA_HOME です。

表A.4 RPM サービス設定プロパティー

プロパティー説明

JAVA_HOME

Java Runtime Environment がインストールされたディレクトリー。

デフォルト値: /usr/lib/jvm/jre

JAVAPTH

Java 実行可能ファイルがインストールされたパス。

デフォルト値: $JAVA_HOME/bin

WILDFLY_STARTUP_WAIT

start または restart コマンドを受け取った後にサーバーが正常に起動されたことを確認するまで、初期化スクリプトが待機する秒数。このプロパティーは、Red Hat Enterprise Linux 6 のみに適用されます。

デフォルト値: 60

WILDFLY_SHUTDOWN_WAIT

stop または restart コマンドの受信時、続行する前に初期化スクリプトがサーバーのシャットダウンを待機する秒数。このプロパティーは、Red Hat Enterprise Linux 6 のみに適用されます。

デフォルト値: 20

WILDFLY_CONSOLE_LOG

CONSOLE ログハンドラーがリダイレクトされるファイル。

デフォルト値: スタンドアロンサーバーの場合は /var/opt/rh/eap7/log/wildfly/standalone/console.log、管理対象ドメインの場合は /var/opt/rh/eap7/log/wildfly/domain/console.log

WILDFLY_SH

JBoss EAP サーバーを起動するために使用されるスクリプト。

デフォルト値: スタンドアロンサーバーの場合は /opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/bin/standalone.sh、管理対象ドメインの場合は /opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/bin/domain.sh

WILDFLY_SERVER_CONFIG

使用するサーバー設定ファイル。

このプロパティーにはデフォルト値がありません。開始時に standalone.xml または domain.xml を定義できます。

WILDFLY_HOST_CONFIG

管理対象ドメインでは、このプロパティーによってユーザーはホスト設定ファイル (host.xml など) を指定できます。デフォルトとして設定されている値はありません。

WILDFLY_MODULEPATH

JBoss EAP モジュールディレクトリーのパス。

デフォルト値: /opt/rh/eap7/root/usr/share/wildfly/modules

WILDFLY_BIND

パブリックインターフェースのバインドアドレスを設定するために使用される jboss.bind.address システムプロパティーを設定します。値の指定がない場合、0.0.0.0 がデフォルトとして使用されます。

WILDFLY_OPTS

起動時に含む追加の引数。例を以下に示します。

-Dorg.wildfly.openssl.path=PATH_TO_OPENSSL_LIBS

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。