A.5. Add-User ユーティリティー引数

以下の表は、add-user.sh または add-user.bat スクリプトで使用できる引数を示しています。 これらのスクリプトは既定の認証のプロパティーファイルに新しいユーザーを追加するためのユーティリティーです。

表A.6 add-user コマンド引数

コマンドライン引数説明

-a

アプリケーションレルムでユーザーを作成します。省略した場合、デフォルトでは管理レルムでユーザーが作成されます。

-dc <value>

プロパティーファイルが含まれるドメイン設定ディレクトリー。省略した場合、デフォルトのディレクトリーは EAP_HOME/domain/configuration/ になります。

-sc <value>

プロパティーファイルが含まれる代替のスタンドアロンサーバー設定ディレクトリー。省略した場合、デフォルトのディレクトリーは EAP_HOME/standalone/configuration/ になります。

-up、--user-properties <value>

代替のユーザープロパティーファイルの名前。絶対パスを使用でき、代替の設定ディレクトリーを指定する -sc または -dc 引数と共に使用されるファイル名を使用することもできます。

-g、--group <value>

このユーザーに割り当てるグループのコンマ区切りリスト。

-gp、--group-properties <value>

代替のグループプロパティーファイルの名前。絶対パスを使用でき、代替の設定ディレクトリーを指定する -sc または -dc 引数と共に使用されるファイル名を使用することもできます。

-p、--password <value>

ユーザーのパスワード。

-u、--user <value>

ユーザーの名前。ユーザー名には、以下の文字のみを使用できます。 文字の数と順番は自由です。

  • 英数字 (a-z、A-Z、0-9)
  • ダッシュ (-)、ピリオド (.)、コンマ (,)、アットマーク(@)
  • バックスラッシュ (\)
  • 等号 (=)

-r、--realm <value>

管理インターフェースをセキュアにするために使用されるレルムの名前。省略した場合、デフォルト値は ManagementRealm です。

-s、--silent

コンソールへ出力せずに add-user スクリプトを実行します。

-e、--enable

ユーザーを有効にします。

-d、--disable

ユーザーを無効にします。

-cw、--confirm-warning

対話モードで自動的に警告を確認します。

-h、--help

add-user スクリプトの使用情報を表示します。

-ds、 --display-secret

非対話モードで秘密の値を出力します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。