2.6. PowerShell スクリプト (Windows Server)

重要

複数の PowerShell スクリプトはテクノロジープレビューとしてのみ提供されます。テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

JBoss EAP には、ほとんどの JBoss EAP 管理スクリプトに相当する PowerShell スクリプトが含まれています。これには、Microsoft Windows Server で JBoss EAP を起動する PowerShell スクリプトが含まれます。

JBoss EAP PowerShell スクリプトは、テストされた Windows Server バージョンで実行される PowerShell バージョン 2 以上で動作することを目的としています。

JBoss EAP PowerShell スクリプトは EAP_HOME\bin にあり、JBoss EAP のバッチスクリプトとほぼ同様に使用されます。

たとえば、standalone-full.xml 設定ファイルを使用してスタンドアロン JBoss EAP サーバーを起動するには、以下の PowerShell コマンドを使用します。

.\standalone.ps1 "-c=standalone-full.xml"
注記

JBoss EAP PowerShell スクリプトの引数は引用符で囲む必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。