18.7. ローカルアウトバウンド接続の設定

ローカルアウトバウンド接続はプロトコルが local のリモーティングアウトバウンド接続で、アウトバウントソケットバインディングのみによって指定されます。

既存のローカルアウトバウンド接続の更新

/subsystem=remoting/local-outbound-connection=new-local-outbound-connection:write-attribute(name=outbound-socket-binding-ref,value=outbound-socket-binding)

新規ローカルアウトバウンド接続の作成

/subsystem=remoting/local-outbound-connection=new-local-outbound-connection:add(outbound-socket-binding-ref=outbound-socket-binding)

ローカルアウトバウンド接続の削除

/subsystem=remoting/local-outbound-connection=new-local-outbound-connection:remove

ローカルアウトバウンド接続の設定に使用できる属性の完全リストは、「ローカルアウトバウンド接続の属性」を参照してください。