12.7. データソース接続のフラッシュ

以下の管理 CLI コマンドを使用して、データベースの接続をフラッシュします。

注記

管理対象ドメインでは、コマンドの前に /host=HOST_NAME/server=SERVER_NAME を追加する必要があります。

  • プールの接続をすべてフラッシュします。

    /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:flush-all-connection-in-pool
  • プールの接続をすべて正常にフラッシュします。

    /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:flush-gracefully-connection-in-pool

    サーバーは、接続がアイドル状態なるまで待ってから接続をフラッシュします。

  • プールのアイドル状態の接続をすべてフラッシュします。

    /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:flush-idle-connection-in-pool
  • プールの無効な接続をすべてフラッシュします。

    /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:flush-invalid-connection-in-pool

    サーバーは、「データベース接続の検証」で説明した valid-connection-checker-class-name または check-valid-connection-sql 検証メカニズムなどによって無効と判断されたすべての接続をフラッシュします。

管理コンソールを使用して接続をフラッシュすることもできます。Runtime タブでサーバーを選択し、Datasources を選択してデータソースを指定します。 ドロップダウンメニューを使用してアクションを選択します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。