17.12. HTTP のみのセッション管理クッキーの設定

セッション管理クッキーは、JavaScript などの HTTP API および非 HTTP API の両方によってアクセスされます。JBoss EAP は HttpOnly ヘッダーを Set-Cookie 応答ヘッダーの一部としてクライアント (通常はブラウザー) に送信します。サポートされるブラウザーでこのヘッダーを有効にすると、非 HTTP API を経由してセッション管理クッキーへアクセスしないようにブラウザーに通知します。セッション管理クッキーを HTTP API のみに制限すると、クロスサイトスクリプティングの攻撃よるセッションクッキーの窃盗のリスクを軽減することができます。この動作を有効にするには、http-only 属性を true に設定する必要があります。

重要

HttpOnly ヘッダーを使用しても、単にブラウザーに通知を行うだけで、クロスサイトスクリプティングによる攻撃を実際に防ぐわけではありません。この動作を反映するには、ブラウザーも HttpOnly をサポートしている必要があります。

重要

HttpOnly 属性を使用すると制限がセッション管理クッキーのみに適用され、その他のブラウザークッキーには適用されません。

http-only 属性は undertow サブシステムの 2 カ所で設定されます。

  • セッションクッキー設定としてサーブレットコンテナーで設定
  • 単一のサインオンプロパティーとしてサーバーのホストセクションで設定

host-only プロパティーをサーブレットコンテナーセッションクッキーに設定するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/servlet-container=default/setting=session-cookie:add
/subsystem=undertow/servlet-container=default/setting=session-cookie:write-attribute(name=http-only,value=true)
reload

host-only をホストシングルサインオンに設定

host-only プロパティーをホストシングルサインオンに設定するには、以下を指定します。

/subsystem=undertow/server=default-server/host=default-host/setting=single-sign-on:add
/subsystem=undertow/server=default-server/host=default-host/setting=single-sign-on:write-attribute(name=http-only,value=true)
reload

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。