6.4. カスタムモジュールの削除

カスタムモジュールは、手作業 または管理 CLI を使用して削除できます。

手作業によるカスタムモジュールの削除

モジュールを手作業で削除する前に、デプロイされたアプリケーションやサーバー設定 (データソースなど) がそのモジュールを必要としていないことを確認してください。

カスタムモジュールを削除するには、module.xml ファイルと関連する JAR ファイルまたはその他のリソースが含まれる EAP_HOME/modules/ 以下にあるモジュールのディレクトリーを削除します。たとえば、main スロットのカスタム MySQL JDBC ドライバーモジュールを削除するには、EAP_HOME/modules/com/mysql/main/ ディレクトリーを削除します。

管理 CLI を使用したカスタムモジュールの削除

module remove 管理 CLI コマンドを使用するとカスタムモジュールを削除できます。

重要

module 管理 CLI コマンドを使用したモジュールの追加および削除は、テクノロジープレビューとしてのみ提供されます。このコマンドは、管理対象ドメインでの使用や、リモートによる管理 CLI への接続時には適していません。本番環境ではモジュールを手作業で 追加 および 削除 してください。

テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。

テクノロジープレビュー機能のサポート範囲については、Red Hat カスタマーポータルの「テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

  1. JBoss EAP サーバーを起動します。
  2. 管理 CLI を起動します。

    $ EAP_HOME/bin/jboss-cli.sh
  3. module remove 管理 CLI コマンドを使用してカスタムモジュールを削除します。

    module remove --name=MODULE_NAME
    • 削除するモジュールが main 以外のスロットにある場合は、--slot 引数を使用します。

    例: MySQL モジュールの削除

    module remove --name=com.mysql

module --help を実行すると、このコマンドを使用したモジュールの追加および削除の詳細を表示できます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。