12.11. データソースの統計

データソースの統計収集が 有効化 されている場合、データソースの ランタイム統計を表示 できます。

12.11.1. データソース統計の有効化

データソース統計は、デフォルトでは有効になっていません。データソース統計の収集は、 管理 CLI または 管理コンソール を使用して有効にできます。

管理 CLI を使用したデータソース統計の有効化

以下の管理 CLI コマンドは、ExampleDS データソースの統計の収集を有効にします。

注記

管理対象ドメインでは、このコマンドの前に /profile=PROFILE_NAME を付けます。

/subsystem=datasources/data-source=ExampleDS:write-attribute(name=statistics-enabled,value=true)

変更を反映するためにサーバーをリロードします。

管理コンソール使用したデータソース統計の有効化

以下の手順にしたがって管理コンソールを使用し、統計の収集を有効にします。

  1. ConfigurationSubsystemsDatasources & DriversDatasources と選択します。
  2. データソースを選択し、表示 をクリックします。
  3. Attributes タブ下の Edit をクリックします。
  4. Statistics enabled? フィールドを ON に設定し、Save をクリックします。変更の反映にはリロードが必要であることを伝えるポップアップが表示されます。
  5. サーバーをリロードします。

    • スタンドアロンサーバーの場合は、ポップアップの Reload ボタンをクリックしてサーバーをリロードします。
    • 管理対象ドメインの場合は、ポップアップの Topology リンクをクリックします。Topology タブで該当するサーバーを選択し、Reload ドロップダウンオプションを選択してサーバーをリロードします。

12.11.2. データソース統計の表示

管理 CLI または 管理コンソール を使用してデータソースのランタイム統計を表示できます。

管理 CLI を使用したデータソース統計の表示

以下の管理 CLI コマンドは、ExampleDS データソースのコアプールの統計を取得します。

注記

管理対象ドメインでは、コマンドの前に /host=HOST_NAME/server=SERVER_NAME を追加します。

/subsystem=datasources/data-source=ExampleDS/statistics=pool:read-resource(include-runtime=true)
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "ActiveCount" => 1,
        "AvailableCount" => 20,
        "AverageBlockingTime" => 0L,
        "AverageCreationTime" => 122L,
        "AverageGetTime" => 128L,
        "AveragePoolTime" => 0L,
        "AverageUsageTime" => 0L,
        "BlockingFailureCount" => 0,
        "CreatedCount" => 1,
        "DestroyedCount" => 0,
        "IdleCount" => 1,
        ...
}

以下の管理 CLI コマンドは、ExampleDS データソースの JDBC の統計を取得します。

/subsystem=datasources/data-source=ExampleDS/statistics=jdbc:read-resource(include-runtime=true)
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "PreparedStatementCacheAccessCount" => 0L,
        "PreparedStatementCacheAddCount" => 0L,
        "PreparedStatementCacheCurrentSize" => 0,
        "PreparedStatementCacheDeleteCount" => 0L,
        "PreparedStatementCacheHitCount" => 0L,
        "PreparedStatementCacheMissCount" => 0L,
        "statistics-enabled" => true
    }
}
注記

統計はラインタイム情報であるため、必ず include-runtime=true 引数を指定してください。

利用可能な統計の詳細リストは、「データソースの統計」を参照してください。

管理コンソールを使用したデータソース統計の表示

管理コンソールからデータソースの統計を表示するには、Runtime タブで Datasources サブシステムを選択し、データソースを選択してから 表示 をクリックします。

利用可能な統計の詳細リストは、「データソースの統計」を参照してください。