12.4. データソースの編集

データソースは、管理コンソールまたは管理 CLI を使用して設定できます。

JBoss EAP 7 では、enabled 属性などのデータソース属性値を式で使用することができます。設定で式を使用する場合の詳細は、「プロパティーの置換」の項を参照してください。

12.4.1. 非 XA データソースの編集

非 XA データソース設定は data-source 管理 CLI コマンドを使用して更新できます。管理コンソールでは、ConfigurationSubsystemsDatasources & DriversDatasources と選択するとデータソース属性を更新できます。

注記

非 XA データソースは JTA トランザクションと統合できます。データソースを JTA と統合する場合、必ず jta パラメーターを true に設定してください。

データソースの設定は、以下の管理 CLI コマンドを使用して更新できます。

data-source --name=DATASOURCE_NAME --ATTRIBUTE_NAME=ATTRIBUTE_VALUE
注記

管理対象ドメインでは、--profile=PROFILE_NAME 引数を指定する必要があります。

変更を反映するのにサーバーのリロードが必要になる場合があります。

12.4.2. XA データソースの編集

XA データソース設定は xa-data-source 管理 CLI コマンドを使用して更新できます。管理コンソールでは、ConfigurationSubsystemsDatasources & DriversDatasources と選択するとデータソース属性を更新できます。

  • XA データソースの設定は、以下の管理 CLI コマンドを使用して更新できます。

    xa-data-source --name=XA_DATASOURCE_NAME --ATTRIBUTE_NAME=ATTRIBUTE_VALUE
    注記

    管理対象ドメインでは、--profile=PROFILE_NAME 引数を指定する必要があります。

  • 以下の管理 CLI コマンドを使用すると XA データソースプロパティーを追加できます。

    /subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME/xa-datasource-properties=PROPERTY:add(value=VALUE)
    注記

    管理対象ドメインでは、このコマンドの前に /profile=PROFILE_NAME を追加する必要があります。

変更を反映するのにサーバーのリロードが必要になる場合があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。