22.3. バッチジョブのセキュリティー設定

batch-jberet サブシステムを設定すると、Elytron セキュリティードメインで バッチジョブを実行することができます。これにより、バッチジョブをセキュアに一時停止でき、同じセキュアなアイデンティティーで再開できます。たとえば、batch-jberet サブシステムを使用して、バッチジョブを開始するためにセキュアな RESTful エンドポイントが作成されます。RESTful エンドポイントと batch-jberet サブシステムの両方が同じセキュリティードメインを使用してセキュア化された場合、または batch-jberet セキュリティードメインが RESTful エンドポイントのセキュリティードメインドメインを信頼した場合、このように開始されたバッチジョブはセキュアに一時停止され、同じセキュアなアイデンティティーによって再開されます。

以下の管理 CLI コマンドを使用して security-domain 属性を更新し、バッチジョブのセキュリティーを設定します。

/subsystem=batch-jberet:write-attribute(name=security-domain, value=ExampleDomain)

reload
注記

バッチジョブには、org.wildfly.extension.batch.jberet.deployment.BatchPermission パーミッションが必要です。これは、javax.batch.operations.JobOperator に対応する startstoprestartabandonおよび read を提供します。default-permission-mapper マッパーは org.wildfly.extension.batch.jberet.deployment.BatchPermission パーミッションを提供します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。