12.8. XA データソースのリカバリー

XA データソースは、XA グローバルトランザクションに参加できるデータソースです。XA グローバルトランザクションはトランザクションマネージャーによって調整され、1 つのトランザクションで複数のリソースにまたがる可能性があります。参加者の 1 つが変更のコミットに失敗した場合、他の参加者がトランザクションをアボートし、トランザクション発生前の状態にリストアします。これにより、一貫性を保持し、データの損失や破損を防ぎます。

XA リカバリーは、リソースやトランザクションの参加者がクラッシュしたり利用できない状態になっても、トランザクションの影響を受けるすべてのリソースが更新またはロールバックされるようにするプロセスです。XA リカバリーはユーザーが関与せずに行われます。

各 XA リソースにはその設定に関連するリカバリーモジュールが必要になります。リカバリーモジュールは、リカバリーの実行中に実行されるコードです。JBoss EAP は JDBC XA リソースのリカバリーモジュールを自動的に登録します。カスタムのリカバリーコードを実装する場合は XA データソースでカスタムモジュールを登録できます。リカバリーモジュールは com.arjuna.ats.jta.recovery.XAResourceRecovery クラスを拡張する必要があります。

12.8.1. XA リカバリーの設定

ほとんどの JDBC では、リカバリーモジュールがリソースに自動的に関連付けられます。この場合は、リカバリーモジュールがリソースに接続してリカバリーを実行することを許可するオプションのみを設定する必要があります。

以下の表は、XA リカバリーに固有する XA データソースパラメーターを表しています。これらの設定属性はデータソースの作成中または作成後に設定できます。これらは管理コンソールまたは管理 CLI を使用して設定できます。XA データソースのせって の設定に関する詳細は、「 XA データソースの編集」を 参照してください。

表12.2 XA リカバリーのデータソースパラメーター

属性説明

recovery-username

リカバリーでリソースに接続するために使用するユーザー名。指定しないと、データソースのセキュリティー設定が使用されます。

recovery-password

リカバリーのリソースへの接続に使用するパスワード。指定しないと、データソースのセキュリティー設定が使用されます。

recovery-security-domain

リカバリーでリソースに接続するために使用するセキュリティードメイン。

recovery-plugin-class-name

カスタムのリカバリーモジュールを使用する必要がある場合は、この属性をモジュールの完全修飾クラス名に設定します。モジュールはクラス com.arjuna.ats.jta.recovery.XAResourceRecovery を拡張する必要があります。

recovery-plugin-properties

プロパティーを設定する必要があるカスタムのリカバリーモジュールを使用する場合は、この属性をプロパティーに対するコンマ区切りの KEY=VALUE ペアのリストに設定します。

XA リカバリーの無効化

複数の XA データソースが同じ物理データベースに接続する場合、通常 XA リカバリーは XA データソースの 1 つのみに設定する必要があります。

以下の管理 CLI コマンドを使用して XA データソースのリカバリーを無効にします。

/subsystem=datasources/xa-data-source=XA_DATASOURCE_NAME:write-attribute(name=no-recovery,value=true)

12.8.2. ベンダー固有の XA リカバリー

ベンダー固有の設定

一部のデータベースは、JBoss EAP トランザクションマネージャーによって管理される XA トランザクションに対応するために特定の設定が必要になります。詳細な最新情報については、データベースベンダーの資料を参照してください。

MySQL
特別な設定は必要ありません。詳細は MySQL のドキュメントを参照してください。
PostgreSQL および Postgres Plus Advanced Server
PostgreSQL による XA トランザクションの処理を可能にするには、max_prepared_transactions 設定パラメーターを 0よりも大きい値または max_connections 以上の値に変更します。
Oracle

必ず Oracle ユーザー USER がリカバリーに必要なテーブルにアクセスできるようにしてください。

GRANT SELECT ON sys.dba_pending_transactions TO USER;
GRANT SELECT ON sys.pending_trans$ TO USER;
GRANT SELECT ON sys.dba_2pc_pending TO USER;
GRANT EXECUTE ON sys.dbms_xa TO USER;

Oracle ユーザーに適切なパーミッションがないと、以下のようなエラーが表示される可能性があります。

WARN  [com.arjuna.ats.jta.logging.loggerI18N] [com.arjuna.ats.internal.jta.recovery.xarecovery1] Local XARecoveryModule.xaRecovery  got XA exception javax.transaction.xa.XAException, XAException.XAER_RMERR
Microsoft SQL Server
詳細は、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa342335.aspx を含む Microsoft SQL Server のドキュメントを参照してください。
IBM DB2
特別な設定は必要ありません。詳細は IBM DB2 のドキュメントを参照してください。
Sybase

Sybase は、XA トランザクションがデータベース上で有効であることを想定します。XA トランザクションはデータベース設定が正しくないと動作しません。enable xact coordination パラメーター は、Adaptive Server トランザクションコーディネーションサービスを有効または無効にします。このパラメーターを有効にすると、リモート Adaptive Server データのアップデートが、確実に元のトラザクションでコミットまたはロールバックされるようになります。

トラザクションコーディネーションを有効にするには、以下を使用します。

sp_configure 'enable xact coordination', 1
MariaDB
特別な設定は必要ありません。詳細は MariaDB のドキュメントを参照してください。
既知の問題

ここで取り上げる既知の問題は、JBoss EAP 7 でサポートされる特定のデータベースおよび JDBC ドライバーバージョンの XA トランザクションの処理に関する問題になります。サポートされるデータベースの最新情報は、「JBoss Enterprise Application Platform (EAP) 7 でサポートされる構成」を参照してください。

MySQL
MySQL は XA トランザクションを完全に処理できません。クライアントと MySQL の接続が切断されると、トランザクションに関する情報がすべて失われます。詳細は MySQL のバグを参照してください。この問題は MuSQL 5.7 で修正されました。
PostgreSQL および Postgres Plus Advanced Server

2 フェーズコミット (2PC) のコミットフェーズ中にネットワークの障害が発生すると、JDBC ドライバーによって XAER_RMERR XAException エラーコードが返されます。このエラーは、トランザクションマネージャーでリカバリー不可能な重大なイベントが発生したことを示しますが、トランザクションはデータベース側で in-doubt 状態を維持し、ネットワーク接続の回復後に簡単に修正できます。適切な戻りコードは XAER_RMFAIL または XAER_RETRY になります。誤ったエラーコードにより、トランザクションが JBoss EAP 側で Heuristic 状態のままになり、データベースでロックが保持されるため、手動の介入が必要になります。詳細は PostgreSQL のバグを参照してください。

1 フェーズコミットの最適化が使用されたときに接続の障害が発生した場合、JDBC ドライバーは XAER_RMERR を返しますが、適切な戻りコードは XAER_RMFAIL になります。そのため、1 フェーズコミット中にデータベースがデータをコミットし、同時に接続が切断されると、クライアントにはトラザクションがロールバックされたと伝えられるため、データの不整合が発生する場合があります。

Postgres Plus JDBC ドライバーは、Postgres Plus Server に存在するすべての準備済みトランザクションの XID を返すため、XID が属するデータベースを判断する方法がありません。JBoss EAP で複数のデータソースを同じデータベースに定義すると、in-doubt トランザクションリカバリーが誤ったアカウントで実行される可能性があります。 この場合、リカバリーに失敗します。

Oracle

一部のユーザー認証情報で設定されたデータソースを使用してリカバリーマネージャーがリカバリーを呼び出すと、JDBC ドライバーはデータベースインスタンスのすべてのユーザーに属する XID を返します。JDBC ドライバーは他のユーザーに属する XID をリカバリーしようとするため、例外 ORA-24774: cannot switch to specified transaction が発生します。

この問題を回避するには、リカバリーデータソース設定で認証情報が使用されるユーザーに FORCE ANY TRANSACTION 権限を付与します。特権の設定に関する詳細は http://docs.oracle.com/database/121/ADMIN/ds_txnman.htm#ADMIN12259 を参照してください。

Microsoft SQL Server

2 フェーズコミット (2PC) のコミットフェーズ中にネットワークの障害が発生すると、JDBC ドライバーによって XAER_RMERR XAException エラーコードが返されます。このエラーは、トランザクションマネージャーでリカバリー不可能な重大なイベントが発生したことを示しますが、トランザクションはデータベース側で in-doubt 状態を維持し、ネットワーク接続の回復後に簡単に修正できます。適切な戻りコードは XAER_RMFAIL または XAER_RETRY になります。誤ったエラーコードにより、トランザクションが JBoss EAP 側で Heuristic 状態のままになり、データベースでロックが保持されるため、手動の介入が必要になります。詳細は Microsoft SQL Server の問題レポートを参照してください。

1 フェーズコミットの最適化が使用されたときに接続の障害が発生した場合、JDBC ドライバーは XAER_RMERR を返しますが、適切な戻りコードは XAER_RMFAIL になります。そのため、1 フェーズコミット中にデータベースがデータをコミットし、同時に接続が切断されると、クライアントにはトラザクションがロールバックされたと伝えられるため、データの不整合が発生する場合があります。

IBM DB2
1 フェーズコミット中に接続の障害が発生した場合、JDBC ドライバーは XAER_RMERR を返しますが、適切な戻りコードは XAER_RMFAIL です。そのため、1 フェーズコミット中にデータベースがデータをコミットし、同時に接続が切断されると、クライアントにはトラザクションがロールバックされたと伝えられるため、データの不整合が発生する場合があります。
Sybase

2 フェーズコミット (2PC) のコミットフェーズ中にネットワークの障害が発生すると、JDBC ドライバーによって XAER_RMERR XAException エラーコードが返されます。このエラーは、トランザクションマネージャーでリカバリー不可能な重大なイベントが発生したことを示しますが、トランザクションはデータベース側で in-doubt 状態を維持し、ネットワーク接続の回復後に簡単に修正できます。適切な戻りコードは XAER_RMFAIL または XAER_RETRY になります。誤ったエラーコードにより、トランザクションが JBoss EAP 側で Heuristic 状態のままになり、データベースでロックが保持されるため、手動の介入が必要になります。

1 フェーズコミットの最適化が使用されたときに接続の障害が発生した場合、JDBC ドライバーは XAER_RMERR を返しますが、適切な戻りコードは XAER_RMFAIL になります。そのため、1 フェーズコミット中にデータベースがデータをコミットし、同時に接続が切断されると、クライアントにはトラザクションがロールバックされたと伝えられるため、データの不整合が発生する場合があります。

Sybase トランザクションブランチが準備済み状態になる前に、Sybase 15.7 または 16 データベースへの挿入が含まれる XA トランザクションが失敗すると、XA トランザクションの繰り返しや同じ主キーでの同じレコードの挿入に失敗し、エラー com.sybase.jdbc4.jdbc.SybSQLException: Attempt to insert duplicate key row が発生します。この例外は、元の終了していない Sybase トランザクションブランチがロールバックするまで発生します。

MariaDB
MariaDB は XA トランザクションを完全に処理できません。クライアントと MariaDB の接続が切断されると、トランザクションに関する情報がすべて失われます。
MariaDB Galera クラスター
MariaDB Galera クラスターでは XA トランザクションはサポートされません。